PR

Java EEの動向と最新機能

2010年1月7日(木)
原口 知子

Java EEを越えた機能が必要な場合は?

Webアプリケーションの多様化により、Java EEを超える機能を必要とするアプリケーションも出てきました。WASではこのようなニーズに応えるために、「Feature Pack」という機構を提供しています。これはWAS上にアドオン可能なコンポーネントで、Webから無償でダウンロードできます。保守契約を交わしたユーザーにはサポートも提供されます。

Web 2.0 対応

昨今では、Google Mapに代表されるリッチなUI(User Interface)を持つWebアプリケーションが増えてきました。全画面のリフレッシュ(再描画)を必要としないスムーズな画面遷移やリッチなコンポーネントによる使いやすさが受けて、最近では企業のWebアプリケーションにおいてもAjax(Asynchronous JavaScript + XML)採用の検討が進んできています。

WASでは、Ajax開発をサポートする「Feature Pack for Web 2.0」を提供しています。同梱(どうこん)している「Dojo Toolkit」は、各種のコンポーネントを提供しクロスブラウザに対応しているため、開発生産性が向上します。このほかにも、Feedを作成する機能、既存のJava資産をAjaxクライアントに公開する機能、外部のWebサービスとマッシュアップする機能など、各種の機能を提供しています。

SOAとの統合

SOA(サービス指向アーキテクチャー)のためのプログラミング・モデルとして、「Open SOA」が策定した「SCA」(Service Component Architecture)という仕様があります。SCAは言語中立なサービス指向プログラミング・モデルであり、サービス・コンポーネントの再利用性向上と、変化に強い柔軟性/迅速性の実現を目的としています。SCAでは、各種のプロトコルやインターフェースをサポートしています。

WASでは、「Feature Pack for SCA」を追加することにより、SCAのJava実装を利用できます。SCAでは、EJB 3やSpringのコンポーネントと連携することも可能です。

音声との統合

一部の企業では、「Webアプリケーションと音声を統合したい」というニーズがあります。これを実現するプロトコルが「SIP」(Session Initiation Protocol)であり、次世代ネットワークであるNGNにおいても基本プロトコルの1つとして採用されています。

WASはV6.1から基本機能としてSIPコンテナを提供していますが、V7ではさらに機能拡張した「Feature Pack for CEA」(Communication Enabled Application)を提供しています。WebアプリケーションからSIP機器への発呼や、クライアント間でブラウザ画面を共有(共有ブラウジング)するアプリケーションを簡単に作成できるようになります。

今後の解説予定「スクリプト言語開発、Key-Valueストア、クラウド」

高速化への対応

オンライン・トレーディングやオークション・サイトの登場により、ミリ秒単位の高速なレスポンスを必要とするWebアプリケーションが増えてきました。これを実現する技術としてキー・バリュー型データストア(Key-Valueストア)が注目されています。この技術については第3回で紹介します。

クラウド対応

不況によるIT予算の縮小や既存資産の有効活用が叫ばれる中で、2009年は各種のクラウド・ソリューションが各社から提供されました。例えば、クラウド型サービスを特徴付ける、使用した分だけ支払う従量課金制により、企業はインフラ予算の削減と環境構築負荷の軽減が期待できます。

また最近では、セキュリティを考慮して、自社内にクラウドを構築する企業も増えてきました。今後のWebアプリケーションは、社内外を問わず、クラウドの仮想環境上に構築されるケースが増えてくるでしょう。クラウドについては第4回で紹介します。

今回は、エンタープライズWeb開発の動向としてJava EEを中心に解説しましたが、次回はスクリプト言語でのアジャイル開発について解説します。

日本アイ・ビー・エム株式会社
2001年よりWebSphere事業部にてWebSphere Application Serverの技術支援を担当。WebSphere製品の提案活動や構築支援の他、セミナーの講師やWeb(http://www.ibm.com/developerworks/jp/websphere/)の運営など幅広く担当している。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています