PR

初期のBIアーキテクチャ

2010年3月2日(火)
平井 明夫

BI登場の背景

BI(ビジネス・インテリジェンス)という概念は、このような時代の末期、すなわち、1989年に登場しました。この年、当時、米調査会社Gartnerのアナリストであったハワード・ドレスナー(Howard Dresner)氏は、企業で蓄積されたデータを検索・集計・分析することでホワイトカラーの生産性を上げるという概念を提唱し、その概念をBIと呼びました。

これは、具体的な新しいシステム・アーキテクチャというものではなく、当時、IT部門に100%依存していたデータ処理の業務を、データの消費者であるエンド・ユーザーが自ら手がけることで、生産性の向上や意思決定の迅速化を目指すという極めてビジネス的な観点からの提言でした。

とはいえ、このような提言を現実的なものとしてマーケットが受け入れることができたのは、背景に当時のシステム・アーキテクチャが大きな変化の時代を迎えていたことがあげられます。この変化こそが、1980年代後半から1990年代にかけての、C/S(クライアント/サーバー)型のアーキテクチャの登場です。

Windows 3.1が発売された1992年ごろからPCの性能は飛躍的に向上し、それまでワード・プロセッサやスプレッドシートが中心だった用途が、一般のアプリケーション開発や業務アプリケーションの実行にまで一気に拡大します。

また時期を同じくして、Oracleに代表されるRDB(リレーショナル・データベース)製品の充実、RISCチップを搭載した高速でかつ安価なUNIXサーバーの登場、さらには、高速LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)の企業内への普及が見られました。

結果として、少数のRDBサーバーと多数のPCをLAN経由で接続し、データの管理をサーバーで、アプリケーションの実行とユーザー・インタフェースの制御をクライアントPCで行うというC/S型アーキテクチャが確立します(図2-1)。

このようなC/S型アーキテクチャを使用したシステムの導入は、エンド・ユーザーがデータ処理業務を、IT部門任せではなく、自らの手で行うというビジネス的なトレンドの中で行われました。

このトレンドは、当時、EUC(エンド・ユーザー・コンピューティング)/EUD(エンド・ユーザー・デベロップメント)と呼ばれました。これはまさにハワード・ドレスナー氏が提唱したBIの概念に当てはまるものであり、必然的に最初のBIシステムの普及もこのC/S型アーキテクチャの台頭とともに進んだのです。

C/S型のBIアーキテクチャ

さて、それでは、C/S型アーキテクチャのもとで普及した最初のBIシステムは、どのようなアーキテクチャを持っていたのでしょうか。

この時代に構築された標準的なBIシステムは、DWH(データ・ウエアハウス)とQ&R(Query & Reporting)ツールから構成されていました(図2-2)。

DWHとはRDBに、業務システムから抽出したデータを時系列(ヒストリカル)に蓄積したもので、その多くはUNIXサーバーを使用していました。エンド・ユーザーは、このDWHに対してQ&Rツールを使用して、RDBやSQLの知識なしにデータの検索(Query)とレポート作成(Reporting)が行えるというのが、このシステムの最大のメリットでした。

この時代に登場した主なRDBとQ&Rツール製品は図2-3のとおりです。

株式会社クロスキャット シニアコンサルタント

2004年、前職にて、当時は珍しかったOSS BIツールOpenOLAPの開発に参画、現在は、中堅・中小企業向け経営管理ソリューションのローンチに携わるかたわら、データ分析を中心としたテーマでの講演・執筆活動を行っている。主な著書・共著書に『BIシステム構築実践入門』、『データ分析できない社員はいらない』がある。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています