PR

DWHの大規模化における解決策

2010年3月11日(木)
TIS株式会社 サービス&コミュニケーション事業部 ソリューションチーム

大容量データ処理に有効なシェアード・ナッシング

2000年代に入ると、DWHで処理すべきデータ量は数TBから数百TBに及ぶようになります。

Teradataは汎用機の時代からDWHに適用領域を絞り、専用のハードウエアとソフトウエアを開発し、ハードウエア・アプライアンスという、まったく異なるアプローチでDWHソリューションを提供してきました。特徴として、シェアード・ナッシング・アーキテクチャを採用して、MPP(Massively Parallel Processing;超並列処理;データ処理を複数の独立した処理に分割し、大量のノードで並列/分散処理させる方式)でデータ処理を行います。

シェアード・ナッシングでは、図2に示すように従来のDBのアーキテクチャであるシェアード・エブリシングや、 Oracle RAC(Real Application Clusters)に代表されるようなシェアード・ディスク・アーキテクチャと異なり、十分に処理の並列度が確保できればディスクIOやCPU-メモリ処理のボトルネックは発生しません。

より大容量のデータを効率良く処理する取り組み

Teradataはシェアード・ナッシングで分割してデータを保持した上、MPPでIO競合を起こさず、並列にデータ処理を行うことができるので、数百TBに及ぶデータの処理においても、ボトルネックを生じず最適な性能を保証することが可能なアーキテクチャです。

Netezzaも、シェアード・ナッシング・アーキテクチャでMPPを実現するハードウエア・アプライアンスとして発表されました。FPGA(Field Programmable Gate Array)でCPU処理の絞り込みを行う等、ハードウエア技術から独自の性能最適化のアプローチを行いつつ、Teradataより安価なソリューションを展開しています。

2008年を過ぎると世界ではPB(ペタバイト)クラスのDWHも運用され始めます。ここに至ると、コストや拡張性の問題から既存のDWH専用ハードウエア・アプライアンスをもってしても対応が難しくなります。

Greenplumは、汎用ハードウエア上でMPPを実現するソフトウエアとして提供されます。専用のハードウエアを必要とせず、複数台のIAサーバーとギガビット・イーサネット・スイッチでシステムを構成することが可能で、従来のハードウエア・アプライアンスと同じ性能要件を実現しながら、より既存システムとの親和性が高く、安価なDWHを構成できます。

また、IAサーバーを追加するだけで、システムの性能および容量をシームレスにスケールアウトさせることができます。価格についても、ソフトウエア提供ならではの柔軟な設定が用意されています(コア課金、容量課金)。

Exadataは、特定の汎用ハードウエア上にDBMSとしてDWH専用にチューニングされた Oracle Databaseが搭載されたハードウエア・アプライアンスです。ただし、シェアード・ナッシング・アーキテクチャではなく、MPPは採用していません。シェアード・ディスク・アーキテクチャを採用しており、ディスクIOを行う部分にInfiniBandを用いてボトルネックに陥る可能性を少なくしています。

第1回で紹介したDWHの大規模化が生む2つの課題「コストパフォーマンス」「拡張性」へのアプローチとして、これまで紹介してきた各ソリューションの特徴と有効性について次ページでそれぞれ考察していきます。

著者
TIS株式会社 サービス&コミュニケーション事業部 ソリューションチーム
戦略の高度化に向けたシステム支援を専門にしているチームです。我々はDWHやBIを使いビジネスロジックをいかに既存のビジネスに活かしていくか、営業の高度化におけるSFAや、ポイントカードに代表されるFSPなどとDWHやBIの連携により、お客様の営業支援に役立てられればと考えております。
03-5402-2086/sales3-info@mbgx.tis.co.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています