PR

性能比較!WEBrick vs. Apache

2008年8月26日(火)
masuidrive

Apache 2.2との性能比較

さて、ここからはWEBrickの速度性能について検証してみましょう。一般的なHTTPサーバーはC言語などで書かれていますが、WEBrickはRubyで書かれています。またWEBrickは速度よりもコードのきれいさに重点が置かれていると言われていますので、ユーザーとしてはやはり速度が気になります。

速度については、実際に計測してみるのが一番です。今回の比較対象はApache HTTP サーバー 2.2です。性能計測には、Apacheに標準添付しているApacheBench(ab)を使います。

2種類のファイルを使って性能を計測してみます。画像を想定した500KBのファイルと、ムービーを想定した10MBのファイルで計測します。また、同時接続のあるなしでも計測しています。速度計測の条件を、図2の「速度計測の条件」にまとめています。

なお、どの場合でも転送容量は100MBです。同じ転送量ですが、接続の方式によって所要時間などは変わってきます。

性能比較の結果

図2の「速度計測の結果」を見てみるとおもしろい傾向があります。

まず1つは1秒あたりの処理回数です。Apacheが数百から千回の処理をこなすところ、WEBrickでは数十回にとどまっています。同時接続数が1の場合はApacheに対してWEBrickが1/10ぐらいの性能になっています。Apacheが同時接続数を増やすと1秒あたりの処理回数が増えますが、WEBrickでは逆に減っています。この傾向は10MBのファイルでも同じです。

この1秒あたりの処理回数は、ファイルの大きさに関係なくおおよそ1/10になっています。このことからファイルの配信性能はApacheの1/10と言えます。Apacheに比べると遅いのですが、Apacheの性能の1/10を使うサイトというのは、相当大きなサイトです。この値だけを見るとWEBrickの性能もまんざらではないように見えます。

しかし、WEBrickでは、同時に接続があるとどんどん遅くなってしまいます。通常、サーバーを公開すると同時に多数のアクセスが発生します。たとえ1人からのアクセスでも、画像などを取得するため、同時に4本程度の接続がなされます。このようなケースはWEBrickは苦手ですから、WEBrickは公開サーバーで利用するには向いているとは言えません。

こうした特徴のあるWEBrickですが、最後にどのような用途に適しているのか考えていきましょう。

PukiWikiなどのオープンソース活動を経て、2005年からRuby on Railsに的を絞り、WEB2.0社 PingKingやニフティ アバウトミーの開発に関わる。これまでのフリー活動から転身し、2007年は1年だけ会社員として働いた後、起業のため渡米。2008年4月にBig Canvas Inc.設立。現在、米ベルビュー在住。http://bigcanvasinc.com/http://blog.masuidrive.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています