PR

ユーザビリティチェックシートを試そう!

2008年9月8日(月)
久保田 有希

もっとWebサイトにあった指標でチェックしたい!

 指標化のメリットは、担当者によりあいまいであるユーザビリティの考え方と使い勝手の良さを、わかりやすく明確にし、ユーザビリティの評価ができることにあります。

 ここまでの流れの中で一番に理解していただきたいことは、「指標化によりどれだけユーザビリティの評価がしやすくなるのか」ということです。設定した指標にのっとっているか、いないかについて、これだけのチェックでユーザビリティが改善されるのであれば、とても効率よくユーザビリティ対策ができます。

 また、一度作成したユーザビリティ指標は、対象Webサイトのユーザビリティガイドラインとしても活用することができます。同じWebサイト内であれば、その指標に沿ったページをデザイン・構築することで、一定の基準をクリアしたユーザビリティのページが量産可能となります。

 このように、ユーザビリティを指標化してチェックすることは、チェック自体を効率的にするだけでなく、Webサイトのクオリティー管理にも役立ってきます。

 人それぞれ意見が異なり、概念ではあいまいであるユーザビリティを、指標化することでチェックしやすくする、指標化のメリットはご理解いただけましたでしょうか。

 そこで、次に疑問として浮かぶのは、どのようにWebサイトの指標を作っていくか、と言うことになるかと思います。

Webサイトの目的やターゲットで指標も変わる!

 あなたの担当する、または制作したWebサイトの目的とはどのような目的でしょうか。

 「購入」「お問い合わせ」「サービスの申し込み」「資料請求」「店舗誘導」など、いくつかあると思います。また、ターゲットの属性はどのような層でしょうか。「年齢」「性別」「職業」「生活習慣等」「ターゲット」の分類はできていますでしょうか。

 Webサイトのユーザビリティは、決して同じものはなく、それぞれのWebサイトの目的やターゲット、ほかにも、広告や流入経路、訪問者の予備知識など、さまざまな要因によって形成されるものです。

 つまり、ユーザビリティの指標もWebサイトによって異なるものになり、オリジナリティーがないと、本当に効果があるものになり得ません。

 それでは、サイトにあったユーザビリティ指標の作成を実現するためには、どのような行程が必要なのでしょうか。

 次回では、Webサイトの目的にあったユーザビリティ指標の作成を実現させるために、自身のWebサイトをもっと理解するための調査手法やユーザビリティ調査について紹介します。

株式会社クリエイティブホープ
ディレクション事業部 マネージャー。2005年、クリエイティブホープにコーダーとして入社。1年半の経験後、ディレクターとして、各サイトの設計、構築、調査を行っている。http://www.creativehope.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています