PR
連載 :
  インタビュー

Elastic大谷氏とマイクロソフト川崎氏が語る Elastic+Azureですべてが可視化される世界

2018年4月27日(金)
高橋 正和

Beatsの影響でプロダクトの統合が進んだ

―― Elasticは全文検索から始まって、いろいろなプロダクトが増えてきましたが、それが一つの統合された世界になっていますね

Elastic大谷:3年前まではそうなっていなくて、個別にインストールして個別に設定しなくてはいけませんでした。それが、ここ何年かで統合して考えるようになりました。きれいに統合するのはいまも努力中で、今後も改善していきます。

これには、Beatsを開発するPacketbeatがElasticにジョインしたおかげもあります。もともとBeatsにはElasticsearchやKibanaなどを簡易的にインストールする仕組みがあって、そこからまとめてインストールして設定できるようになりました。簡単に使えるのが、Elasticの目指すところの一つなので。サンプルを見ながら設定を書いてもらうより、テンプレートを用意してすぐ使えるほうが簡単ですよね。

KubernetesのPodをまとめて表示

―― KubernetesやDockerへの対応状況はいかがでしょうか

Elastic大谷:FilebeatやMetricbeatといった情報を取得するエージェントでは、DockerやKubernetesに対応していて、Kubernetesの中で動くようになっています。

MS川崎:コンテナが入ってくると、モニタリングは大変になりますね。

Elastic大谷:まだ自分で試せていなのですが、今度オートディスカバーという機能が搭載されます。どんなコンテナがあって何が動いているのを、特に設定を書かなくても見付けてくれる、というものです。

MS川崎:私がいいなと思ったのは、Kibanaのインターフェイスでコンテナを可視化できる点ですね。

Elastic大谷:一気通貫で見られるというのはいままでどおりです。それに加えて、まだ開発中ですが、Infra UIというものがあります。KubernetesでPodが大量にあるときに、どう見せるか。そのままだと100や200ぐらいざらに並べるので、Podをまとめて表示します(と、画面のサンプルを見せる)。

MS川崎:数が大量になったときのコンテナの可視化が大変ですね。いかにアグリゲーションして見やすくするかが重要になってきていると思います。

Elastic大谷:社内でもKubernetesやDockerは使っています。Elastic CloudではバックエンドでDockerを使っていて、Kibanaで監視しています。その成果がElastic Cloud Enterpriseなどのプロダクトにとりこまれています。そのチームでKubernetesも内部で使っているはずです。

Azure上のモニタリングからAzureサービスとの連携まで

―― Azureとの連携について教えてください。AzureでElastic Stackのマネージドサービスはまだないですよね

MS川崎:Azure には、もともとElasticsearchをベースに構築されたAzure Searchという全文検索機能に特化したフルマネージドサービスがありますが、これとは別にElastic Stackのマネージドサービスが欲しいという声は聞きます。

Elastic大谷:マネージドなサービスはまだないですねが、Azure用のテンプレートは、Azure Marketplaceで公開しています。

MS川崎:これを使えば簡単にIaaSに展開できます。

Elastic大谷:Microsoftとの関係をいうと、2017年にはWindows版のインストーラもリリースしています。

―― Elastic StackとAzureをいっしょに使うメリットはどこにあるでしょうか

MS川崎: AzureはPaaS先行でスタートしたクラウドなので、IaaSというよりPaaSの機能が充実していると思います。たとえば、IoTで大量のデバイスから上がってきたデータを処理するときに、それを受け取るハブが必要になります。AzureにはAzure IoT Hubというハイーアスケールなハブがあるので、そこからElastic Stackにつなげるといったことができます。

Elastic大谷:Elastic側からいうと、Azure上のサービスをモニタリングするというニーズがこれから増えてくると思っています。Logstash Azure Monitoring Moduleも出る予定ですし、Azure Event HubsからLogstashにつなげるプラグインも公開しています。このあたりの連携は他のクラウドサービスと比べてもAzureが先行している部分だと思います。

Logstash Azure Monitoring Module

―― 最後に、de:codeの講演に向けてメッセージをお願いします

Elastic大谷:Azureでサービスを動かしているけどモニタリングをどうしよう、という人はぜひ来てください。サービスを運用している人に、簡単にモニタリングできる仕組みがあるよ、と知ってほしいと思います。ログやメトリックスで困っている人に来ていただければ。

MS川崎:私の言いたいことはシンプルです。けっこう誤解があって、「AzureでElastic Stackが動くの?」と聞かれることがあります。それに対して、すごく便利に使えるんだ、とわかってもらえればと思います。

関連リンク
  • de:code (decode) 2018 | 開発者をはじめとする IT に携わる全てのエンジニアのためのイベント
    https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2018/
  • お二人が登壇するセッションは "AD29 App Development" です!
    「ここまでできる!Elastic Stackによる運用状況の可視化 - Azureサービス~ Kubernetesまで」

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

クラウドインタビュー

元Juniperの技術者が創業したVolterraはエッジを統合するファブリックサービス構築を目指す

2018/11/6
元Juniperのエンジニアが創業したVolterraのVPにインタビュー。オンプレミスからパブリッククラウド、エッジまでカバーするファブリックサービスとは?
サーバーインタビュー

NutanixのアーキテクトがNutanixの未来を語る

2018/10/24
ハイパーコンバージドのNutanixのアーキテクトにコンテナーやGPU対応などについて訊いた。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています