PR

OpenSolarisのインストール!

2008年6月11日(水)
舟崎 健治

Virtual Box上にインストールする

 直接ディスクにインストールする以外にも、VirtualBoxやVMware上などの仮想OS環境にインストールすることも可能です。今回はWindows Vista上にVirtualBoxをインストールして仮想OS環境上にOpenSolaris 2008.05をインストールする方法を紹介します。

 なお、Windows Vista上でVirtualBoxを使用するときは、ホストマシン上に少なくとも2GB以上の物理メモリを持つことを推奨します。

インストール手順

 1.VirtualBoxをダウンロード(http://www.virtualbox.org/wiki/Downloads)します。

 2.該当するプラットフォーム用のVirtualBoxのバイナリをダウンロード・インストールします。

 今回はWindows用のVirtualBox-1.6.0-Win_x86.msiをダウンロード、ダブルクリックすると、インストーラが起動します。インストーラの指示に従ってインストールします。

 3.インストール後、VirtualBoxを起動します。

 VirtualBox起動後のOpenSolaris 2008.05 インストールの事前準備の流れは、図2をご覧ください。

 4.新規仮想マシンを作成します。ツールバーより、「新規」をクリックします。

 5.「ようこそ新規仮想マシン作成ウィザードへ!」と表示されますので、「次へ」をクリックします。

 6.仮想マシン名に任意の名前(例:OpenSolaris1)を入力、OSタイプはSolarisを選択して、「次へ」をクリックします。

 7.仮想マシンで起動ディスクとして使用する仮想ディスクを選択します。

 「ハードディスクなし」と表示された場合は、「新規」をクリックして、新規仮想ディスクを作成します。

 すでに作成済みの場合は、仮想ディスクを選択して、「次へ」をクリックします。(手順13に進みます。)

 8.「ようこそ新規仮想ディスク作成ウィザードへ!」と表示されますので、「次へ」をクリックします。

 9.仮想ハードディスクイメージのタイプを選択して、「次へ」をクリックします。

 今回は「可変サイズのイメージ」を選択しました。

 10.仮想ハードディスクのサイズを選択して、「次へ」をクリックします。

 今回は10GBを選択しました。

 11.作成する仮想ディスクの内容の確認画面が表示されますので、確認して「完了」をクリックします。

 12.新規に作成した仮想ディスク領域を選択後、「次へ」をクリックします。

 13.OpenSolaris 2008.05用の新規仮想マシン領域の内容を確認して、「完了」をクリックします。

 14.作成後、ホストのCD/DVD-ROMをマウントするために、CD/DVD-ROMをクリックします。

 15.CD/DVDドライブのマウントにチェックを入れます。適切なホストドライブを選択して、「OK」をクリックします。

 16.ホストマシンにOpenSolaris 2008.05のCDを挿入して、「起動」をクリックすると、GRUBの画面が表示されます。こちらの画面が表示された後は、通常のハードディスクへのインストール方法と同じです。

サン・マイクロシステムズ株式会社
OpenSolaris エバンジェリスト。Sun RayやSun Secure Global Desktopといったデストップのインフラ構築の技術支援を行っています。そのような本業の傍らで、OpenSolaris Evangelist Groupに所属して、主にOpenSolaris Night Seminarを中心とした Solaris/OpenSolarisの普及活動に取り組んでいます。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています