PR

Flashを使ったソーシャルなサイトを探訪する

2008年6月5日(木)
吉田 光利

音楽系サイトとFlash

 Flashのもっとも得意とし、ほかを圧倒している分野として、音と映像があります。音と映像をスクリプトによって自由自在に操ることは、もっとも得意としています。これらの特長を生かして作られたサイトを2つ紹介します。

 LastFMは音楽のソーシャルネットワークサイトです。自分と同じ嗜好を持っているユーザをマッチングしてくれたり、関連アーティストを見つけたりすることができます。このサイトの優れているところはたくさんありますが、その中でも秀でている機能はラジオ機能でしょう。ユーザはこのラジオを軸に知らなかったアーティストと出会えるのです。そしてこのサイトのラジオ機能にFlashが採用されています。どのような使い方ができるのか見ていきましょう。

 まずLastFM(http://last.fm)にアクセスしましょう。日本語のページからはラジオ機能が使えなくなっているので、「日本語」と書いてある部分をクリックして表示される国旗の中からEnglishを選びましょう。

 するとトップページの内容が変わりますので、好きなアーティスト、もしくはジャンルなどを入力すると、それに関連したアーティストがピックアップされたラジオが作成されます。

 例えば、アーティスト名に「The Beatles」と入力すると、Beatlesに関連したアーティストで構成されるラジオが作成され、そのピックアップされたアーティストの曲が連続再生されます。ラジオから流れる曲は好きなアーティストに関連しているので、自分好みに合った曲が多く「こんないい曲があったんだ!」や「こんないいバンドがいたんだ!」みたいな出会いがあります。そして、気に入った曲はお気に入りに登録することができます。筆者の場合、これで多くの知らないアーティストの曲を購入しました。Flashの使い方はさりげないのですが、非常に有効に機能しているといっていいでしょう。

 これは図2のように、Flashならではのリッチなインターフェースとバックエンドの連携で実現されています。Flashで実現されているシステムで、音楽の出会い方まで変えてしまうという革命的なインターフェースを実現しています。

映像系サイトとFlash

 もっとも代表的なのが、いわずと知れたGoogleのYoutube(http://jp.youtube.com/)です。もうほとんど使い方の説明はする必要ないくらいメジャーな存在になっています。このサイトがきっかけで、たくさんのソーシャル動画サイトができました。そして、このようなサイトを成立させるベースとなる技術に採用されているのもFlashです。キーワードで検索された動画の中からひとつの動画を選択して再生します。そして、再生が終わるとLastFM同様、データベースからとってきた情報をFlashに読み込んで関連動画として表示しています。

 日本では大人気のニコニコ動画も、動画インターフェース部分にはFlashが採用されています。GoogleビデオもFlashだし、もう動画といえばFlashがデファクトスタンダードになっていると言えるでしょう。

BRIANS PET TOKYO主催者 WebデザインからRuby on RailsでのWebアプリ構築までをトータルに行うWebコンテンツデザイナ。現在はBRIANS PET TOKYOにてWebアプリケーション「DORIBAR(ドリバー) 」を開発中 http://brianspet.com

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Flashを使ったソーシャルなサイトを探訪する | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。