PR

Aeroが動くデスクトップの片隅でシェル生活

2008年6月13日(金)
のに子

viもmanもperlも

 すべてのユーティリティを突っ込んだSUAでは、エディタviも使えます。コレもワタクシのようなGUIバカ一代にはタイヘンスパルタンなツールです。また、manコマンドで多くのツールの説明は読むことができます。

 Perlの実行パスは/usr/contrib/perlですが、これはSUAに登録されているので「perl」と打つだけでスクリプトを実行できます。

でもやっぱりXなんだーッ

 このように、SUAのシェル生活はかなり居心地よくなってきました。でもあっちこっちのフォルダやファイルを閲覧しているうちに、どーしても気になるものが...。

 それは/usr/X11R6などという「X」関係のフォルダです。ということは、このSUAでッ!GUIができるかも知れないッ!最近はサーバにもGUIツールが増えてきて(さっき言ってることと違う)。

 せっかくシェルになじめるかというところで、また離れようとしているワタシ。何かのサガなんでしょうか。前世がヒトデで貝を食いまくるかなんかして、今たたられているのでしょうか。

 ともかくです。これは、SUAで「Xウィンドウシステム」の開発をヤル一式です。xtermやxclockといったXアプリケーションもあります。でも、このままではダメ。SUAにはXサーバまでは入っていません。

 Windows用Xサーバ、実はうちにあるんです。ASTEC-X(http://www.astec-x.com/)、以前結婚記念日に(ウソ)ダソナに買ってもらったんですが最近お休みしていました。最新版にアップデートして、Vistaに職場復帰してもらいます。

 作業は簡単です。Windows側のGUIを駆使してコイツを同じPCにインストールして起動します。一方SUAのシェルでは「画面出すなら自分とこのサーバにつなげ」と、すでに設定してありますから、「xterm」などのコマンドをかますだけです。あんまり簡単なのでしばし悩んでしまいました。

 出たーッ。中身よりウィンドウ枠のほうが華麗な、VistaのXアプリケーションです。人間とは不思議なもの。グラボスペックを享受した透明感だ立体だアニメだのの画面より、こんなシンプルな描画を得たことが、こんなにうれしいなんて...。

 よかった!想定していたよりずっと面白い企画になってよかった!けどサーバとして使えるの?と思ったら実はさらにこんなものを見つけてしまったんです。フリーのXサーバも...おっとそれはまた来週。

本名・清水美樹。「パソコンはたしなむ程度」から、36歳主婦業に転じ、以来8年間コンピュータを独学。マンガは小学校から。三者の進捗状況は夫によると「同レベルだな」。以前の専攻は選鉱学(いやマジで)・素材工学で、実験一筋。執筆業は読者投稿から。得意分野はこれでもかというほど簡単な入門書。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています