TOP設計・移行・活用> 導入前に決めておくパラメータ




Samba移行術
実践! Samba移行術

第2回:NT4.0→ Samba3.0への移行(1)
著者:オープンソース・ソリューション・テクノロジ  小田切 耕司
2005/1/24
前のページ  1  2  3
導入前に決めておくパラメータ

   さっそく設定に入るが、設定に入る前に以下のパラメータを管理者は決定しておく必要がある。
「NetBIOSドメイン名」
  • Windowsのドメイン名に相当する、NetBIOSのドメイン名(英大文字と数字で15バイトまで、ホスト名やユーザ名、グループ名)

  • 新規にSambaでドメインを構築する場合は、既存のドメイン名と重複しないこと

  • 既存のWindowsドメインを移行する場合は、既存のドメイン名と同じものを指定する。
「DNSドメイン名」
  • 複数のピリオド(.)で区切られたDNSドメイン名
  • DNSがない場合は、LOCALやlocaldomainとしても良い。
「管理者のアカウントとパスワード」

   Windowsでは通常管理者としてAdministratorというアカウントが1つだけ用意されているが、LinuxではLDAPサーバの管理者とSamba(Windows)ドメインの管理者は、別なアカウントを設定できる。今回はWindowsとの互換性と容易性を考え、LDAPとSambaで同一の管理者を設定する方法を解説する。(このアカウントはrootなどのように、"/etc/passwd"や"NIS"に登録されているアカウントを使ってはいけない。)

   この場合そのアカウントとパスワードはLDAP(slapd.confとデータベースの中)、Samba(smb.confとsecret.tdb)、smbldap-tools、計5カ所の設定ファイルに設定される。設定を変更する際はすべて変更する必要があるので、操作順序を含めて注意して欲しい。


「ゲスト接続のためのゲストアカウント」

   このアカウントも"nobody"などのように、/etc/passwdやNISに登録されているアカウントを使ってはいけない。


「PDCのマシン名とIPアドレス」

   新規にSambaでドメインを構築する場合は、既存のWindowsマシン名/IPアドレスと重複しないこと。しかし既存のWindowsドメインを移行する場合、既存WindowsのPDCをWINSサーバ、またはファイルサーバとして利用しているという理由により、マシン名/IPアドレスを移行したい場合もあるだろう。

   その場合は、移行作業中は既存のマシン名/IPアドレスと重複しないように設定し、移行作業完了後、Windows PDCの電源を停止してからマシン名/IPアドレスを既存同じものを指定する。今回の設定例では以下のパラメータを利用するので、読者の環境に合わせて変更して欲しい。

  • NetBIOSドメイン名:MIRACLELINUX

  • DNSドメイン名: miraclelinux.com

  • 管理者アカウント:Administrator

  • 管理者パスワード:miracle(本来パスワードは英大文字・小文字・数字を取り混ぜて、もっと複雑にすべきである。)

  • ゲストアカウント:Guest
前のページ  1  2  3


オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社 小田切 耕司
著者プロフィール
オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
小田切 耕司

早稲田大学理工学部電気工学科卒業三菱電機計算機製作所に入社し、汎用機、UNIX、Windowsの開発を経てミラクル・リナックス社へ2001年入社Sambaとは1996年からの付き合い。日本初のSamba解説本を執筆し、Samba日本語版を最初に開発した。日本Sambaユーザ会の設立にも寄与し、初代代表幹事を務める。日本Webminユーザーズグループの副代表幹事などもつとめ、最近はLinuxコンソーシアムのセキュリティ部会のリーダなどもつとめている。


INDEX
第2回:NT4.0→ Samba3.0への移行(1)
  NT4.0ドメインから移行する理由
  SambaとLDAPのインストール
導入前に決めておくパラメータ