PR

サーバーレスアーキテクチャー(AWS Lambda)で運用コストはどの程度削減されるのか

主催者: 
主催:NALヒューマンリソース株式会社/協力:株式会社オープンソース活用研究所
日時: 
2017年9月21日(木) 18:30
会場(場所): 
マジセミ竹芝オフィス

東京都港区海岸1丁目14−17ベイサイド竹芝1307

【三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)もAWSを利用、勘定系も】

企業におけるパブリッククラウド(AWS)の利用はもはや「あたりまえ」、になっています。
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)も、先日AWSの利用を発表しました。
一部のシステムから徐々にAWSに移していくとのことですが、将来は勘定系もAWSに移行することを視野にいれているとのことです。

【「サーバーレスアーキテクチャー」で、AWSの利用料が1/100以下になるケースも】

AWSは様々な新しいサービスをリリースしています。
最近話題なのは、「サーバーレスアーキテクチャー」です。
そのプラットフォームとして、AWSでは「Lambda」というサービスを提供しています。
これを活用すると、従来はOSが起動していた時間(待ち時間も含む)で課金されていたものが、実際にコードが実行されている時間のみに対して課金されます。
システムによっては、従来通りIaaSとしてAWSを活用する方法と比較して、AWSの利用料が1/100以下になるという事例も出ています。

本セミナーでは、「サーバーレスアーキテクチャー」と「AWS Lambda」について紹介します。
また、それらを使った場合に従来のシステムと比較してAWSの利用料がどう変化するのか、試算を解説します。

さらに、AWSを活用したシステムをベトナムオフショアで開発、運用することをご提案します。

★プログラム等、詳細はお申込ページからご確認ください★

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています