PR

【福岡開催】オープンソース「OpenAM」によるシングルサインオンの概要 ~ IDaaS等との比較、導入時の注意点や体験談も ~

主催者: 
かもめエンジニアリング株式会社
日時: 
2018年7月19日(木) 15:00
会場(場所): 
「The Company」内イベントスペース

福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル

◆注目されるシングルサインオン(SSO)
Office365やSalesforceなどのクラウドサービスの普及、働き方改革のためのリモートワークにおけるセキュリティの強化、内部不正を含めたセキュリティ対策、監査への対応、こういった動きを背景にして、「認証・ID管理」の重要性は増しています。
中でもログイン認証を統合するシングルサインオンは、近年注目が高まっています。かつてはBtoCサービスや大企業のためのものでしたが、現在は一般企業への導入も広がりました。

◆本セミナーでご提供すること
・シングルサインオンシステムの種類や選択肢、仕組みの概要について理解していただけます。
・シングルサインオン用のオープンソース「OpenAM」について、概要や現状、どんなことができるのかについて、ご紹介します。
・同じくシングルサインオン用のオープンソース「Keycloak」との比較についても触れます。
・IDaaSとの比較、どんなケースに適しているか、等の具体的な解説も行います。
・実際に「OpenAM」の修正やカスタマイズ等に携わっている地元ベンダーより、体験をまじえたお話もしてもらいます。

◆本セミナーの対象者
・企業の情報システム部門のご担当者、マネージャー
・システムインテグレーターのSE、マネージャー
※席に限りがあるため、できるだけ具体的な課題がある方を優先させていただきます。
※本セミナーは、エンジニア向けではありません。

◆ECサイトなどでは、会員情報の統合やシングルサインオンのニーズが広がっています
ECサイト等、Webサイト事業者は、他にも複数のサイトを運営しているケースが多くあります。例えばSNSサイトなどです。これらの複数のサイトについて、会員情報を統合したり、認証連携(シングルサインオン)をしたいというニーズは広がっています。

◆ソーシャルログイン(FacebookやTwitterアカウント等によるログイン)も
FacebookやTwitterのアカウントで自社サイトにログインする「ソーシャルログイン」も、利用が拡大しています。
利用者にとっては会員登録やログイン認証の手間が省けますし、サイト事業者にとっても会員増が見込めます。

◆社内業務システムの認証統合も課題
一方、BtoC事業を行わない一般企業でも、セキュリティ向上や業務効率化の観点から、シングルサインオン導入の動きは高まっています。
中でも、Office365やSalesforceなどのクラウドサービスと既存の社内業務システムを認証統合するニーズは根強いです。

◆好評の勉強会、福岡へ
これまで東京都内でのみ行っていた本セミナーですが、初の地方開催は福岡に決定しました。
シングルサインオンやOpenAMを知りたい方々のご参加をお待ちします。

【開催概要】

【プログラム】(予定)

*14:30~15:00 受付

*15:00~15:45 「オープンソース「OpenAM」によるシングルサインオンの概要」
かもめエンジニアリング株式会社 潮村剛

*15:45~16:15 仮題「さわってみて実感したOpenAM」
株式会社阿部情報技術研究所 阿部宗明

*16:15~17:00 質疑応答、ディスカッション

【場所】 「The Company」内イベントスペース
     福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル

【費用】 無料

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています