PR

managementサンプルを試す

2006年11月29日(水)
江川 潔

antを使ったクライアントのビルドと起動

   samples/managementディレクトリからant buildスクリプトによってビルドし、デモを実行します。

   UNIXとWindows共にビルドを行った後でサーバを起動します。


ant build
ant server
 
  さらに別のコマンドプロンプトからクライアントを起動します
 
ant client

   このデモでは、Celtixの被管理コンポーネントの属性を取得・設定したり、コンポーネントの運用機能を呼び出すことができます。

   次に、以下のコマンドでコンソールを実行します。

ant jmxconsole

   Celtix被管理コンポーネントを参照するには、jconsoleを起動してJMXサービスのURLを入力します。

jconsole
service:jmx:rmi:///jndi/rmi://localhost:1099/jmxrmi/server

注2: 上記のようにJMXサービスのURLを指定する場合、ユーザ名とパスワードは空白で指定してください。またantコマンドで起動したサーバは数分後に自動的に終了するため、必ずサーバの起動中にエージェントへ接続してください。

   WSDLファイルやクラスファイルから生成したコードを削除するには、次のコマンドを実行します。

ant clean

wsdl2javaとjavacコマンドを使ったビルドと起動

   samples/managementディレクトリからターゲットディレクトリのbuild/classesを作成し、WSDLファイルからコードを生成します。

   UNIXの場合は以下のコマンドを実行します。

mkdir -p build/classes
wsdl2java -d build/classes -compile ./wsdl/hello_world.wsdl

   Windowsの場合は以下のコマンドを実行します。

mkdir build\classes
wsdl2java -d build\classes -compile .\wsdl\hello_world.wsdl

   次のコマンドでクライアントとサーバアプリケーションをコンパイルします。

   UNIXの場合は以下のコマンドを実行します。

export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CELTIX_HOME/lib/celtix.jar:./build/classes
javac -d build/classes src/demo/hw/client⁄*.java
javac -d build/classes src/demo/hw/server⁄*.java
javac src/demo/hw/jmxconsole⁄*.java

   Windowsの場合は以下のコマンドを実行します。1行目がすでに設定されている場合は2行目から実行してください。

set classpath=%classpath%;%CELTIX_HOME%\lib\celtix.jar:.\build\classes
javac -d build\classes src\demo\hw\client\*.java
javac -d build\classes src\demo\hw\server\*.java
javac -d build\classes src\demo\hw\jmxconsole\*.java
日本アイオナテクノロジーズ株式会社 テクニカルセールスマネージャ

株式会社富士通SSLでNTT仕様のオペレーティング・システムの開発に従事したのち、日本ディジタルイク イップメント株式会社でNTT向けシステムの開発、その後、ソフトウェアとハードウェアのプリセールス活動を展開した。DECの合併を経て、現職のミドル ウェア製品のマーケティング、アライアンス、プリセールスなどに従事。

blog「Essence is Real」
http://blogs.iona.com/essence/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています