PR

handlersサンプルを試す

2006年10月17日(火)
江川 潔

antを使ったビルドと起動

   samples/handlersディレクトリからビルドスクリプトによってビルドを行い、続けてデモを実行します。なお自動的にサーバとクライアントの両方がビルドされます。

   UNIXとWindows共にビルドを行った後でサーバを起動します


ant server

   さらに別のコマンドプロンプトからクライアントを起動します。



ant client

   ant targetコマンドを実行すると、サーバプロセスはFileLoggingHandlerを、クライアントプロセスは SmallNumberHandlerをそれぞれ使用します。クライアントとサーバの両方のコンソールには、短いメッセージが表示されます。

   サーバ側のハンドラは同時に情報をdemo.logファイルに出力します。クライアント側のハンドラでは運用パラメータをチェックし、値がdependingの場合はサーバへのリクエストは送信されません。

   build.xmlファイルは、javaの実行ファイルがコンフィグレーションファイルをどのように指定するかを記述したものです。以下はその例です。




param1="${basedir}/wsdl/addNumbers.wsdl"
jvmarg1="-Dceltix.config.file=file:///${basedir}/celtix-client.xml"/>


   クライアントを起動して結果を確認したらサーバプロセスを終了します。

   続いてLoggingHandlerを使った状態でサーバプロセスを起動します。

   UNIXとWindows共に次のコマンドを入力してサーバを起動します。なお「ant server2」はバックグラウンドか他のウィンドウで起動します。



ant build
ant server2
ant client2

   antは次の様に、コンフィグレーションファイル上のjvmarg1で指定されている属性にかかわらず、client2とserver2を起動できます。




param1="${basedir}/wsdl/addNumbers.wsdl"/>


   ここでは、サーバ側はそれぞれのすべてのメッセージをコンソールに表示します。しかしクライアント側には、ハンドラを使ったログ機能がありません。 そのためImplementationクラスの@HandlerChainアノテーションにはdemo_handler.xmlファイルにハンドラクラス を指定するための情報が必要です。



@HandlerChain(file = "../common/demo_handlers.xml", name = "DemoHandlerChain")

   WSDLファイルやclassファイルから生成したコードを削除して、buildディレクトリを削除するには次のコマンドを起動してください。



ant clean
日本アイオナテクノロジーズ株式会社 テクニカルセールスマネージャ

株式会社富士通SSLでNTT仕様のオペレーティング・システムの開発に従事したのち、日本ディジタルイク イップメント株式会社でNTT向けシステムの開発、その後、ソフトウェアとハードウェアのプリセールス活動を展開した。DECの合併を経て、現職のミドル ウェア製品のマーケティング、アライアンス、プリセールスなどに従事。

blog「Essence is Real」
http://blogs.iona.com/essence/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています