PR

SQL Serverのインストールとツールの利用(前編)

2007年7月30日(月)
森崎 千華

サービスアカウントの選択


   各サービスへの個別のユーザ割り当てと、自動的に開始するサービスの選択を行います。Administrator権限への割り当てはセキュリティの面からお勧めできません。特別な理由がない限りは、これらの設定はデフォルトのままで変更する必要はありません。


認証モードの設定


   「Windows認証」と「SQL Server認証」の2種類の方式が用意されていますが、どちらを選ぶかはシステム全体の要件にあわせる必要があります。基本の認証方式はWindows認証で、Windowsに登録したユーザやグループをそのまま利用できます。またセキュリティの観点からもWindows認証が推奨されています。SQL Server認証は、SQL Serverに作成したユーザ名とパスワードを利用して認証を行います。


照合順序の設定


   特別な理由がなければ変更する必要はありません。


レポートサーバーインストールオプション


   ここでは、レポートサーバーインスタンスのインストール方法を設定します。SSLが既定のWebサイトに関連付けられている場合は、他システム接続時にSSLが使用されるようにレポートサーバーが構成されます。またSSLがインストールされていないケースでは、手動でSSLを使用するようにレポートサーバーを構成できます。

   選択肢として「既定の構成をインストールする」と「サーバーを構成せずにインストールする」の2つがあります。「規定の構成をインストールする」を選ぶと、セットアップ終了後にレポートサーバーインスタンスの使用が可能になります。

   「サーバーを構成せずにインストールする」を選択した場合、セットアップ終了後にレポートサーバーを使用するにはレポートサーバーデータベースの作成とレポートサーバーの構成が必要となります。


エラーと使用状況レポートの設定


   説明文を読んで、エラーレポートと使用状況を報告するかどうかを選択してください。


インストールの準備完了


   インストール内容の一覧が表示されるので、確認して「インストール」ボタンをクリックし、インストールを開始してください。


セットアップの進行状況


   処理が開始されると進行状況が表示されますが、この部分は多少時間がかかります(図3)。
セットアップの進行状況
図3:セットアップの進行状況
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


セットアップの完了と再起動


   セットアップが完了すると、完了画面が表示されます。「概要ログ」をクリックすると、テキスト形式のログファイルが表示されます。

   これでSQL Server 2005のインストールは完了です。最後に「スタート」ボタンをクリックし、プログラム一覧に「Microsoft SQL Server 2005」が表示され、インストールができていることを確認しましょう。

   「SQL Server Business Intelligence Development Studio」と「SQL Server Management Studio」も同時にインストールされ、ここから起動できます。


次回は


   次回は、インストールしたSQL Serverと、2つのツール「SQL Server Business Intelligence Development Studio」および「SQL Server Management Studio」の使い方を紹介します。

イー・キャッシュ株式会社 プロフェッショナルサービス事業部
数年前、SQL Serverを使用したシステム開発に携わり、データベースについて学ぶ。現在は、イー・キャッシュにて、今までの経験を生かし、RFIDシステム開発の導入提案から設計、開発およびプロジェクトマネージメントまでまで幅広く行っている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています