PR

プロジェクトマネージャとプロジェクトリーダの役割とは

2007年8月1日(水)
安治 理之

経験と手法、ツールで業務効率化を目指す

このような様々な要因を判断しつつプロジェクトを管理していくには、やはり「プロジェクト管理経験」は非常に有用です。しかし「経験」だけでは消化しきれない程の多くのタスクがあるのも事実であり、なんとかプロジェクト管理手法や管理ツールで効率化できないかと、日夜悩んでいる方も多いでしょう。

筆者自身の経験からいえば、実際の中規模レベルでの開発現場での見積もり手法といえば「KKD法」と「機能一覧法(積み上げ式)」が主流だと考えています。また、B to CなどエンドユーザよりのWeb開発関連業務となればなるほど、この傾向は強いと考えています。

ですが、担当者が複数の業務を掛け持ちする状況の中で、例えば同一のパッケージに対する同じようなカスタマイズが頻繁に発生した場合、「KKD法」と「機能一覧法(積み上げ式)」だけでは、物理的に時間が足りなくなる状況も存在し得ます。

こういった状況を何とか打破したいがために「FP法」などの別の見積もり手法を学び、「ウォーターフォール手法」ではどうにも上手く進まないプロジェクト進行するために「アジャイル手法」を実践し、品質をより良くしようとバグ改修にインシデント管理などの「ITIL概念」を取り入れてみたりと、様々な試みを行っていることでしょう。さらに、各フェーズで様々なツールを取り入れてみるなど、日々タスクを効率的に処理できるように改善を行いながら、ヒイヒイいいながらも歩んでいる毎日だと思います。

筆者自身もまだまだ道半ばではありますが、本連載ではなるべく平易に、より開発現場に近い立場から、少しでも役に立つような内容を総括的に取り上げていこうと考えています。

一般的なプロジェクト管理の流れ

では、プロジェクト管理とは一般的にどのような流れになっているかをみてみましょう。

一般的なシステム開発プロジェクト管理の流れでは、主に以下の1~9のようなフェーズを伴います。それぞれのフェーズにおける「便利なツール」と注意点、詳細な解説は次回にゆずるとして、今回はそれぞれのフェーズについて確認します。

表1:プロジェクト管理の9つのフェーズ

1.案件見積もり
お客様からRFPを取得
PL → PM → 部門稟議を経て、概算工数、予想開発スケジュール提出
受注確定前後で可能であれば開発要員の空き状況確認を社内、協力会社に行う
2.要件定義、ヒアリング
要件ヒアリング(PM、PL)、開発メンバー選定、議事録作成
開発プラットフォーム、開発ソフトウェア、想定ハードウェアなど決定
3.基本設計
議事録作成
基本設計終了後、一般的には、スケジュールや見積変更があれば、提出されるタイミング
4.詳細設計
5.開発、単体検証
6.結合検証
自社内テスト機器を用いた検証
他社システムとの連携がありえる場合は調整して結合検証
7.総合検証
実稼動機器と運用者(実際にシステムを利用するユーザ)を交えたテスト
他システムとの連携があれば、ここで再度検証
8.納品、納品後ユーザーサポート
9.保守契約
株式会社システムインテグレータ ECソリューション部

いつも支援してくださるお客様や、メンバーの皆様に感謝しつつ、日々の業務に勤しむSE。データベースを中心としたフルクラッチ開発を主軸にリーダー業務を数年経験後、ERPを経由し、近年はEC開発プロジェクトを主管。リーダー経験は10年前後。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています