PR

Spket IDEとは何か?

2007年9月3日(月)
独古 みのり

Spket IDEのインストールに必要な環境と準備

   本連載では最新バージョンのSpket IDE 1.6.1を使用します。まず必要なファイル類と入手方法を説明します。

Javaのダウンロードとインストール

   Spket IDEはEclipse IDEベースの統合開発環境なので、Java 1.5またはそれ以上のバージョンが必要となります。java.comのWebサイトにアクセスし、表示されている手順に従ってJavaファイルのダウン ロードとインストールを行ってください。

java.comのWebサイト
http://www.java.com

   次に環境変数のPathにJavaへのパスを追加します。これはSpket IDEのインストール時にjavaコマンドを使用するためです。

   パスの設定は、まずはじめに「スタート → 設定 → コントロールパネル」でコントロールパネルを開きます。そこにある「システム」をダブルクリックして「システムのプロパティ」ウィンドウで詳細設定タブを選択し、環境変数ボタンをクリックします。

   もしユーザ環境変数欄に「Path」という変数が存在した場合は編集ボタンを押してください。存在しない場合は新規ボタンを押して変数値に「>javaインストールディレクトリ>\bin」を追加します。

   このとき、Javaのインストール先ディレクトリを特に指定しなかった場合は「C:\Program Files\Java\jre1.5.x\bin」を環境変数のPathに追加してください。

Spket IDEのダウンロード

   Spket IDEは下記のWebサイトからダウンロードできます。本連載ではスタンドアロン型としてもEclipse IDEのプラグインとしてもインストール可能なSpket IDEを使用します。以下のサイトからSpket IDEをクリックして、「spket-1.6.1.jar」を任意の場所にダウンロードしてください。
 

Spket IDEのダウンロードサイト
http://www.spket.com/download.html

   もしダウンロードファイルがZIP形式として認識されてファイル名がspket-1.6.1.zipとなった場合、ダウンロード時またはダウンロード後に拡張子をzipからjarに変更してください。

Spket IDEのインストール

   必要なファイルをダウンロードして準備ができたら、いよいよインストールの開始です。それでは詳しい手順を紹介していきましょう。

インストーラの起動

   ファイルエクスプローラでダウンロードしたディレクトリへ移動してspket-1.6.1.jarをダブルクリックしてください。もしくはコマンド プロンプトでspket-1.6.1.jarをダウンロードしたディレクトリへ移動し、下記のコマンドを実行するとインストーラが起動します。

java -jar spket-1.6.1.jar
インストーラ初期画面
図3:インストーラ初期画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

セットアップ型選択

   起動したあとに表示される画面でNextボタンをクリックすると、スタンドアロン型もしくはEclipse IDEのプラグイン型かを選択する画面が表示されます。

   Spket IDEをスタンドアロン型でインストールする場合は、「Rich Client Application(standalone)」を選択します。Spket IDEをEclipseのプラグインとしてインストールする場合は「Eclipse Plugin」を選択し、画面の下に表示される入力欄にEclipse IDEがインストールされているディレクトリを指定します。

   これらの指定を終えNextボタンをクリックすると、Spket IDEのインストール先を指定する画面が表示されます。

セットアップ型選択画面
図4:セットアップ型選択画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

Spket IDEのインストール先指定

   ここは特に変更する必要がなければ、デフォルトのC:\spketのままで構いません。次にNextボタンをクリックすると、インストールの確認画面が表示されます。

インストール先指定画面
図5:インストール先指定画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

インストール前確認

   ここで内容を確認して、問題がないようでしたらInstallボタンをクリックします。

インストール前確認画面
図6:インストール前確認画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

インストーラの終了

   今回は新規インストールですので特に必要はありませんが、アップグレードを行った場合はチェックボックスにチェックを入れます。その後Finishボタンをクリックして、インストーラを終了させます。

インストール終了画面
図7:インストール終了画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1999年から主にStrutsを用いたWebアプリケーション開発に従事。
現在は海外で自然に囲まれながら生活し、株式会社ネットエイトの在宅プログラマとして働いている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています