PR

Spket IDEとは何か?

2007年9月3日(月)
独古 みのり

Spket IDEの起動

   Spket IDEのインストールが完了したら、早速立ち上げてみましょう。スタンドアロン型とプラグイン型では起動方法が若干異なります。

スタンドアロン型の場合

   ファイルエクスプローラでSpket IDEをインストールしたディレクトリへ移動し、「spket.exe」のファイルをダブルクリックします。すると最初にワークスペースの選択画面が表示されます。

ワークスペースの選択画面
図8:ワークスペースの選択画面

   どのディレクトリをワークスペースにするかは自由です。ただし、将来的にSpket IDEをアップグレードする可能性もありますので、Spket IDEをインストールしたディレクトリ内にワークスペースを作ることはお勧めしません。

   ワークスペースを選択したら、OKボタンをクリックするとSpket IDEが起動します。

Spket IDEが起動したところ(スタンドアロン型の場合)
図9:Spket IDEが起動したところ(スタンドアロン型の場合)
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

Eclipse IDEのプラグイン型の場合

   まずEclipse IDEを起動して「ウィンドウ → パースペクティブを開く → その他」からSpket IDEを選択します。

Spket IDEが起動したところ(Eclipse IDEのプラグイン型の場合)
図10:Spket IDEが起動したところ(Eclipse IDEのプラグイン型の場合)
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   するとSpket IDEが起動します

おわりに

   今回はSpket IDEのインストールまでを紹介しました。次回はSpket IDEを使った簡単なリッチインターネットアプリケーション開発を紹介します。ご期待ください。

1999年から主にStrutsを用いたWebアプリケーション開発に従事。
現在は海外で自然に囲まれながら生活し、株式会社ネットエイトの在宅プログラマとして働いている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています