PR

半日で業務アプリケーションが開発できる!(前編)

2007年9月7日(金)
米澤 千賀子

「新規接続の追加」を選択

dbExpressのツリーの中にある「INTERBASE」を選択し、マウスの右ボタンを押して表示されたポップアップメニューから「新規接続の追加」を選びます(図2)。


新規接続の追加
図2:新規接続の追加


接続名の設定

すると接続名の新規追加のダイアログが表示されます。接続名に任意の名前(ここではIBLocalという名前を付けます)を指定して「OK」ボタンをクリックしてください(図3)。
 

接続名の定義
図3:接続名の定義


IBLocalを選択して「接続の変更」を行う

これでデータエクスプローラのツリーに今作成したIBLocalが追加されました。これだけではまだ接続できないため、このIBLocalを選択してマウスの右ボタンを押し、表示されたポップアップメニューから「接続の変更」を選びます(図4)。
 

接続の変更
図4:接続の変更


接続するデータベースを設定

表示された接続エディでは最低限、使用するデータベース、接続するユーザ名、パスワードを設定する必要があります。ローカルのデータベースを使用するのであれば、Database欄の右に表示される「…」ボタンを使用して、該当のデータベースを検索することができます。

この例では、InterBaseのサンプルデータベースである「employee.gdb」を使用します。InterBaseに接続する際のユーザ名とパスワードを指定し、「テスト」ボタンを押して、正しく接続できるか確認してください。

接続を確認できましたら「OK」ボタンを押して、接続エディタを終了します(図5)。
 

接続プロパティの編集
図5:接続プロパティの編集


接続されたデータベースの情報を見る

データエクスプローラ上で、設定が完了したIBLocalの左にある「+」記号をマウスでクリックして、ツリーを展開させることにより、接続されたデータベース内のテーブルなどの情報を参照することができます。また、テーブル名の部分をダブルクリックすると、テーブルのデータが表示されます(図6)。
 

データの表示
図6:データの表示
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

以上で準備が完了です。

CodeGear

セールスエンジニア
Delphi、InterBaseをはじめとするCodeGearの開発ツール製品を担当。エンタープライズ分野でのツール適用での技術バックアップを 行っているほか、製品のローカライズQAとしても活躍している。CodeGearのサポートナレッジベース日本語版 (http://support.codegar.com/jp )の作成を手がける。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています