TOPLinuxオープンソース白書2006> スケーラブル・エンタープライズ戦略を推進し、Linuxソリューションのさらなる拡販を目指す




Linuxオープンソース白書2006
成長するLinuxオープンソースビジネス

デル株式会社(Dell Japan Inc.)
著者:エンタープライズマーケティング本部マネージャー  西田 和弘   2006/1/17
スケーラブル・エンタープライズ戦略を推進し、Linuxソリューションのさらなる拡販を目指す

ThinkIT会員特典20%OFF    当社は、IAの1-wayから4-wayサーバーを中心とした汎用性の高い業界標準技術の製品を連携し、システム全体の性能と信頼性の向上を図る「スケーラブル・エンタープライズ」戦略を推進している。顧客のビジネスの成長に応じてシステムを拡張することで、効率のよいIT投資を可能にし、顧客のTCO削減とROI向上への貢献を目指している。

   近年、エンタープライズコンピューティング分野の企業の大規模基幹系システムにおいては、従来メインフレームやUNIXシステムなどのレガシーシステムが主流であったが、業界標準技術ベースのサーバーやストレージへの移行が進んでいる。中でもLinux OSを搭載したIAサーバー製品は、UNIXの代替ソリューションとして、UNIXシステムからIAへの移行によるTCO削減の効果が評価され、企業の基幹系システムとして導入される事例が増えてきている。

   当社は高性能サーバー製品PowerEdgeシリーズで、競合ベンダーの2分の1から3分の1の低価格でRed Hat Enterprise Linuxを提供している。また、Red Hat Enterprise Linux ASを2-way、4-wayサーバー向けに、Red Hat Enterprise Linux ESを1-way、2-wayおよびブレードサーバー向けに、さらにRed Hat Enterprise LinuxWSをHPCC(ハイパフォーマンス・コンピューティングクラスター)を構成する2-way、ブレードサーバー向けに、それぞれ提供している。

   Linuxベースの当社のサーバーの出荷は成長を続けており、調査会社によると、2004年度のLinuxを搭載した国内IAサーバー市場における出荷台数シェアでは第1位となっている。

   当社ではサーバーのほか、高性能ワークステーションDell Precisionシリーズでも、UNIXダウンサイジングや研究開発用途に最適なRed Hat Enterprise Linux WS搭載モデルを提供している。

   Linux分野の戦略的パートナーであるレッドハットとの協業は、Linuxの商用システムとしての可能性を広げレガシーUNIXシステムの移行やOracleデータベースのサポートにまで進化している。投資の保護とTCOにおいて、当社とレッドハットの組み合わせは幅広い支持を得ており、Linuxの商用利用に加え、HPCCなどの科学技術計算の分野でユーザーベースを増やしている。

   当社は、Linuxの分野でレッドハットのほか、オラクル、SAP、アルティリス、ヴイエムウェアなどのLinuxベースのソフトウェアベンダーと提携することにより、当社のプラットフォーム上でのLinuxシステムの価値を拡大し、迅速な導入を推進していく。


最先端技術ベースのコンサルティングを提供

   当社の高性能サーバー製品PowerEdgeシリーズは、1-wayから2-wayのエントリーレベルサーバーからミッションクリティカルな業務向けの4-wayハイエンドサーバー、さらに新しいデュアルコア対応プロセッサーを搭載した各種製品までをラインナップしており、すべての機種で32bitおよび64bit(EM64T)対応のRed Hat Enterprise Linuxプリインストールモデルを提供している。

   また、Linux向けのソフトウェアツールとして、サーバー管理ソフトウェアであるOpenManageやバックアップソフトウェアであるNetVaultなどがある。OpenManageは、当社の全サーバー製品に標準で提供される管理ソフトウェアで、システム管理の対象レイヤーのうち、特にハードウェアレベルでの強固な管理機能にフォーカスし、サーバークライアントネットワーク機器の一元管理を実現していく。

   さらに、当社の技術コンサルティング部門デル・プロフェッショナル・サービス(DPS)では、企業の顧客向けに、Linux(およびWindows)ベースのエンタープライズ製品によるUNIXマイグレーションやHPCCシステム構築サービスを提供している。DPSは、IAサーバーに対してトップクラスのノウハウを持ったエンジニアとパートナー企業の協業により、最先端の技術や構築ノウハウをベースにしたコンサルティングを提供する。


UNIXマイグレーションの強力推進

   当社は、今後も業界標準のサーバーやストレージによるUNIXマイグレーションを強力に推進していく。エンタープライズ製品ラインナップの順次拡充に加え、エンタープライズサービスの強化やDPSのコンサルティングサービスの体制増強などにより、Linuxベースのソリューションのさらなる拡販を目指していく。

書籍紹介
「Linuxオープンソース白書2006
新たな産業競争力を生む、オープンソース時代の幕開け」

※本連載はインプレスより発行の書籍「Linuxオープンソース白書2006」(ThinkIT監修)から一部抜粋し、転載したものです。
Linuxオープンソース白書 2006
■本書の構成
第1部のユーザー企業利用動向では、605社の情報システム管理者に聞いた独自調査データ177点を掲載。プレゼン用に、すべてのデータをCD-ROMに収録。
第2部の事業者動向では現在から将来のLinuxオープンソースビジネスを解説。
第3部の社会動向ではオープンソースの普及に向けて、教育や法律、そして世界各国の政府から地方自治体の取り組みまでを紹介。
「Linuxとオープンソースのビジネスの今」をすべて収録した「Linuxオープンソース白書2006」のご購入はコチラから
この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

Linux/オープンソース白書2006
オープンソースの基礎知識
オープンソースの基礎知識
世界のオープンソース開発プロジェクト
キーマンインタビュー
OSS推進の理由と活動の展望
オープンソースを武器に拡大戦略をとるワイズノット
ERP業界にオープンソースで挑戦するビーブレイクシステムズ
再び拡大期を迎えるLinuxオープンソースビジネス
再び拡大期を迎えるLinuxオープンソースビジネス
オープンソースを中核にした新世代のベンチャー企業
SI事業者におけるオープンソースの位置付けと今後の可能性
組み込み分野の動向を変化させるオープンソース
Linux技術者の認定資格「LPI」国内の現状報告
Linux技術者の認定資格「LPI」国内の現状報告
実態調査で見るユーザー企業の利用動向
第1回 Linuxとオープンソースソフトウェアの認知度
第2回 サーバーOSの導入状況
第3回 ディストリビューション
第4回 技術者教育
第5回 オープンソースソフトウェアの導入意向
成長するLinuxオープンソースビジネス
第1回 レッドハット株式会社(Red Hat K.K.)
第2回 ノベル株式会社(Novell Japan,Ltd.)
第3回 ミラクル・リナックス株式会社(MIRACLE LINUX CORPORATION)
第4回 ターボリナックス株式会社(Turbolinux,lnc.)
第5回 モンタビスタソフトウエア(Montavista Software,lnc.)
第6回 日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Japan,Ltd.)
第7回 日本ヒューレット・パッカード株式会社(Hewlett - Packard Japan,Ltd.)
第8回 日本電気株式会社(NEC Corpotation)
第9回 富士通株式会社(FUJITSU LIMITED)
第10回 株式会社日立製作所(Hitachi,Ltd.)
第11回 デル株式会社(Dell Japan Inc.)
第12回 日本オラクル株式会社(Oracle Corporation Japan)
第13回 日本SGI株式会社(SGI Japan,Ltd.)
第14回 日本ユニシス/ユニアデックス/日本ユニシス・ソリューション(Nihon Unisys,Ltd.)
第15回 リネオソリューションズ株式会社(Lineo Solutions,lnc.)
第16回 SAPジャパン株式会社(SAP Japan Co., Ltd)
第17回 サン・マイクロシステムズ株式会社(Sun Microsystems, lnc.)
第18回 日本BEAシステムズ株式会社(BEA Systems Japan,Ltd.)