PR

エンタープライズサーバOS インタビュー

2007年4月1日(日)

エンタープライズサーバOS
— x86からメインフレームまで、同じSUSE LINUXが利用できるところに、市場的な意味がありますね。
 
古井氏   これに関しては、SUSE LINUXの「YaST」という管理ツールが非常に高い評価を受けています。あらゆるプラットフォームでも共通のGUIで操作できるため、極端な話、x86サーバを扱っていた管理者が次の日、メインフレームの管理を任されてもすぐに使える環境が実現できるわけです。これにより、将来的にSUSE LINUXを採用したサーバが増えてきたときに、プラットフォームによって管理者を分ける必要はなく、教育コストも削減できるなど、多くのメリットが考えられます。
 
岡本氏   SUSE LINUXでは、コモンコードベースによって、異機種間のソフトウェアの移植が容易になっています。業務アプリケーションを異なるプラットフォームに移植した際、実際のカットオーバーまで2カ月しかかからなかった事例もあります。
 
— ノベルには、デレクトリサービスの「eDirectory」、あるいはWebサービス統合プラットフォームの「exteNd」などがありますが、そうしたソフトウェア製品とSUSE LINUXについてどのような戦略を持っていますか。
 
古井氏   ノベルは、SUSE LINUXを買収する以前から、Linuxへの転向を進めてきました。ノベルのさまざまなサービスは、すでにLinux上で動作しています。ノベルというと、「NetWare」を連想する方も多いと思いますが、NetWareのファイルシステムをLinux上で動作させるための「Open Enterprise Server」という製品をまもなく出荷します。
 
ノベルでは、現在のエンタープライズシステムでサーバからワークステーションに至るまでのすべてをLinuxでサービスできるアプリケーションを提供していく考えです。
 
— 現在のエンタープライズサーバには、アプリケーションサーバやデータベースサーバのレイヤーがあります。アプリケーションサーバについてはexteNdがありますが、データベース分野などに今後進出する予定はありますか。
 
古井氏   データベース市場を見てみると、大規模システムでは信頼性や実績からオラクルが優位です。エッジ系ではオープンソースの「MySQL」「PostgreSQL」などでしょうか。ノベルのスタンスでは、必要なところに適切なアプリケーションを適応されることにあり、オープンソース、プロプラエタリィを問いません。また、オラクルとは強力なアライアンス関係があり、Oracle Databaseもいち早くSUSE LINUX Enterprise Server 9に対応しています。

 
ノベルは、外にあるものをどんどん買収してサーバをファット化することはありません。ソフトウェアベンダーの優れた技術とオープンソースの技術をコラボレーションして、一緒にビジネスをしていこうという戦略です。データベースだけではなく、アプリケーションサーバでも、ノベルはJBossだけをやるというのではなく、IBM WebSphereなど他のアプリケーションサーバを載せて提供することも考えています。お客様の選択、需要に応じて使っていけるものを提供していきます。
 
— セキュリティに関しては、EAL 3+を取得済みですね。

 
古井氏   SUSE LINUX Enterprise Server 9では、EALとしては実用上の最高ランクである4+の取得を申請中です。 このほか、信頼性を示すものとしてCGLなどもありますが、EALやGGLというのは、確実に外部から公平に評価していただき、お客様に採用していただく上でのひとつの基準だと思っています。

 
— オープンソース、オープンスタンダードについては、どのようなお考えですか。
 
古井氏   ノベルは、オープンソースのコミュニティとの付き合いがあり、開発した技術をオープンソースに公開したり、SUSE LINUXのFTP版を提供するなどの還元を行ったりしています。たとえば、OSDLのワークショップにも、ノベルのエンジニアを派遣しています。

 
オープンスタンダードについても、特にWebサービスやRFCなどの接続性の部分については、オープンスタンダードの採用に力を入れています。
 
— Windowsなどの他のOS、あるいはLinuxの中でも他のディストリビューションをどのように見ていますか。
 
古井氏   Windowsについては、SUSE LINUXへのマイグレーションを積極的に進めていきたいと考えています。Windowsでは、たとえばクライアントコンピュータのCALが必要であるなど、必ずしも投資効果の抑制にはつながっていません。


 
エンタープライズLinux市場を考えた場合、市場全体の規模はまだまだ増え続けています。今はまだシェアを考えるよりも、市場を拡大することを考えていきたいと思っています。他のディストリビューションについては、Red Hatが先行しており、覆すのは容易でありませんが、2005年度中にはエンタープライズLinux市場で20%程度のシェアを獲得し、将来的には60%のシェアを狙っています。
 
— ありがとうございました。
 

ノベル株式会社  古井 洋司
ロータス株式会社(現IBM)およびリアルネットワークス社にて製品企画担当としてデスクトップ製品およびインターネットマルチメディアソリューション等数多くの製品を手がける。現在ノベル株式会社においてLINUX製品および資産管理ソリューションZENWorks等のプロダクトマーケティングを担当。
 

ノベル株式会社  岡本 剛和
1994年にノベル株式会社に入社。以来開発部門に所属し、MacintoshやUNIXに対応した製品を主に担当。また、近年の多様な製品戦略により、TCP/IPなどのプロトコルスタックやPKIによるセキュリティ、J2EE、XMLなど、幅広く技術を習得。SUSE LINUX買収後は、いち早く独SUSE社開発陣との交流を図ったり、製品の日本語化、無料のFTP版配布のコーディネートなども行う。現在はSUSE LINUXを普及すべく、技術面全般を担当。
 

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています