PR

ストレージ階層化で価格性能比を高める

2010年7月13日(火)
山原 陽一

EMC FASTの特徴と優位性

ここまでは、ストレージ階層化の効果について一般論を解説してきた。以降では、EMCが用意している具体的なストレージ自動階層化機能であるFASTについて、その特徴と優位性を解説する。

FASTは、サーバーに割り当てている論理ボリュームやHDDの単位で性能情報を収集し、この性能情報に従ってデータの移動先を決め、データ領域を移動する。利用する性能情報の例は、以下の通りである。

  • 1秒あたりの平均I/O処理数
  • I/Oのリード/ライト比率
  • 平均ブロック・サイズ
  • 1秒あたりの平均レスポンス・タイム

システムによっては、移動するか否かを事前に承認したい場合がある。また、移動時間帯に応じて移動先を制御させたい場合もある。FASTは、こうした要件に対応するため、以下の機能を備えている。

  • 分析機能
    • 論理ボリューム単位で、分析対象の日時、曜日、期間を設定する
  • 移動機能
    • 自動モードとユーザー承認モードを選択する
    • 移動させる日時や曜日を設定する
    • 1日あたりの移動回数を設定する
    • 1回で移動可能な論理ボリュームの数を設定する

重要な業務であればあるほど、業務に影響を与えることなくデータ領域を移動できなければならない。大規模SANストレージのSymmetrix VMAXと、VMAX向けのFAST機能を組み合わせることで、こうした要件を満たすことが可能になる。VMAXが備えるきょう体内の世代スナップショット(TimeFinder)やリモート・レプリケーション(SRDF)などを利用しながら、FASTによって階層化を自動的に実施できる。

FASTの設定は簡単である。業務サーバーに割り当てたデータ領域に対し、物理リソースの割り当て比率を容量ベースで決めるだけでよい(図4)。

図4: FASTを適用/設定する手順

実際にFASTを設定して利用する手順は、以下の通りである。ここでは、SSD、FC(Fibre Channel)ディスク、SATAディスクを混在させた3階層のリソース・プールを想定する。

  1. 優先度の高いアプリケーション向けに、FASTのポリシーを作成する。ここでは、SSD領域からの割り当て比率を25%、FC領域からの割り当て比率を50%、SATA領域からの割り当て比率を25%とする。
  2. 作成したFASTのポリシーを、アプリケーション1に割り当てている論理ボリュームと関連付ける。
  3. 設定を反映させると、FASTは、あらかじめ定義した分析期間に応じて、業務サーバーからのI/O負荷を分析する。
  4. FASTは、収集した性能情報に従って、ポリシー設定通りの比率で、自動的に論理ボリュームを移動する。
  5. 移動後の結果を評価し、サービス・レベル(応答性能やトランザクション処理量など)が目標に到達していなかった場合は、SSD領域からの割り当て比率を増やすなどの見直しを行う。

図4で示した通り、FASTのポリシーは複数サーバーで共有することが可能である。個々のサーバーごとに異なる設定を用意する必要がない。開発環境などのようにストレージの性能をあまり必要としないサーバー向けには、SSDを使わずにFCとSATAの2階層のポリシーを割り当てる、といった設定も可能である。

2000年にEMCジャパンに入社。EMCストレージソフトウェア導入部隊の立ち上げなどに従事。その後、ストレージバックアップ/災害対策ソリューションの設計/構築担当SE、金融顧客のプリセールスSEを担当。現在はプロダクト・ソリューションズ統括部で、大規模SANストレージSymmetrix提案の技術支援などを行なうプリセールスSEを担当。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています