PR

Silverlight 4の印刷機能:DataGrid編

2010年8月3日(火)
PROJECT KySS

DataGridのColumnsプロパティの設定

DataGridコントロールの[共通]プロパティ内のColumnsの横にある[…]ボタンをクリックして、「コレクションエディター」を起動します。[Add]ボタンでDataGridTextColumnを4つ追加します。追加したDataGridTextColumnの、[共通]を展開して表示されるHeaderプロパティに、DataGridTextColumの上から順番に「氏名、年齢、住所、勤務先」と指定します。デフォルトでチェックの付いている、CanUserReorderや、CanUserResizeのチェックは外しておきます(図5)。

図5: 「コレクションエディター」からDataGridTextColumnを追加し、Headerプロパティを設定した

図6のようにDataGridコントロールにヘッダが表示されます。書き出されるXAMLには不要なプロパティが追加されますので、最終的にはBindingプロパティを指定して、リスト1のようなコードにしてください。Bindingプロパティに指定する名称は、VBコード内のクラス内で定義するプロパティ名と同じである必要があります。

図6: DataGridコントロールにヘッダが表示された

リスト1: 書き出された 編集したXAMLコード(MainPage.xaml)

「コレクションエディター」内で、DataGridTextColumnのHeaderプロパティに設定した内容が書き出されています。

(1)Bindingプロパティは手動で指定しています。

(1)要素のBindingプロパティに「氏名、年齢、住所、勤務先」を指定する。

ソリューションエクスプローラー内からSL4_DataGridPrintを選択し、マウスの右クリックで表示される[メニューから、「追加(D) > 既存の項目(G)」と選択して、XML文書ファイル(リスト2)を追加します。また、XMLデータはLINQ to XMLで処理するため、「プロジェクト(P) > 参照の追加(F)」からSystem.Xml.Linqを追加しておきます。

ダウンロード・ファイルには、XML文書ファイルは追加済みです。

リスト2: 個人情報を記録したXML文書ファイル(sampleData.xml)

印刷用のテンプレートとなるUserControlを作成する

印刷用のテンプレートとなるUserControlを作成します。VS2010のメニューから「プロジェクト(P) > 新しい項目の追加(W)」と選択し、表示される画面から、「Silverlight ユーザーコントロール」を選択します。「名前(N)」はデフォルトのSilverlightControl1.xamlのままにしておきます(図7)。

図7: 「Silverlightユーザーコントロール」を選択する

Silverlight User Controlの画面をレイアウトする(SilverlightControl1.xaml)

まず、UserControlのWidthに260、Heightに160を指定します。XAMLコード内に、要素を使って、1行1列のGridを作成します。

その中にTextBlockコントロールをレイアウトし、Textプロパティに「氏名、年齢、住所、勤務先」をバインドします。ここで指定する名称は、VBコード内のクラスで定義するプロパティ名と同じである必要があります。

レイアウトしたTextBlockの文字サイズ、太字、文字色等を指定します。最後に、これらのTextBlockコントロールをStackPanelコントロールでくくり、Marginプロパティに10を指定して、データの周囲に10ピクセルの余白を設けます。リスト3のように記述してください(図8)。

リスト3: 1行1列のGridを作成した(SilverlightControl1.xaml)

図8: 1行1列のGridを作成し、StackPanelとTextBlockコントロールをレイアウトした
TextBlockコントロールはStackPanel内にレイアウトしているため、表示されていない

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています