PR

DataGrid内のデータを編集保存する

2010年8月6日(金)
PROJECT KySS

ロジックコードを記述する

ソリューションエクスプローラのMainPage.xamlを展開し、MainPage.xaml.vbをダブルクリックしてコード画面を開きます。

リスト2のようにロジックコードを記述します。

リスト2: ロジックコード(MainPage.xaml.vb)

XML to LINQでXML文書を処理するクラスの含まれる、System.Xml.Linq名前空間をインポートします。また、ファイルの入出力に関するクラスの含まれる、System.IO名前空間をインポートしておきます。また、VersionedメンバのIsNumeric メソッドを使って、式が数値として評価できるかどうかを判定しますので、それらの機能を提供するクラスの含まれる、Microsoft.VisualBasic.CompilerServices名前空間をインポートしておきます。

PerssonalInfoクラスで、「ID」、「氏名」、「年齢」、「性別」、「住所」、「勤務先」のプロパティを定義しておきます。

SexListクラス内でString型の新しいリストであるmySexListを宣言しておきます(A)。

String型のリストである、読み取り専用の_mySexListプロパティを定義します。その中で、mySexListオブジェクトにAddメソッドで「男性」、「女性」の項目を追加しておきます。この追加されたmySexListオブジェクトを戻り値とします。ここの値が、DataGridの「性別」セルが編集状態になったとき、ComboBoxコントロールに表示されます。

■(A)

PersonalInfoクラス型の新しいリストとして、myPersonalInfoを宣言します。

■ページが読み込まれた時の処理

DataGridにデータをバインドするDataShowプロシジャを実行します。

■DataGridにデータをバインドする処理

IsRunningOutOfBrowserプロパティでアプリケーションがブラウザ外で実行されているかどうかをチェックし、HasElevatedPermissionsプロパティで、アプリケーションが高い信頼性のあるブラウザ外で動作しているかをチェックします。

ブラウザ外で実行されず、高い信頼性に基づいていない場合は、メッセージボックスを表示します。

ブラウザ外で実行され、高い信頼性に基づいている場合は、以下の処理を実行します。

Path.CombineメソッドでMyDocumentsフォルダのパスと、personalInfo_ID_sex.xmlのファイル名を連結し、変数filePathに格納します。MyDocumentsフォルダ内にpersonalInfo_ID_sex.xmlというファイルがない場合は、メッセージボックスを表示します。

新しいStreamReaderのインスタンスである、readerオブジェクトを生成します。ReadToEndメソッドでファイルの内容を読み取ります。読み取った内容を変数xmlDataに格納します。StreamReaderを閉じます。StreamReaderクラスは、標準テキストファイルから情報の行を読み込みます。つまり、読み込み可能なファイルは、テキスト形式のファイルに限られます。

XElement.Parseメソッドで、xmlDataに格納されたXML情報を読み取ります。ParseメソッドはXMLを格納した文字列からXElementを読み取ります。読み取ったXML情報から、要素のコレクションを取得するクエリ(query)を定義します。

queryを実行します。クエリコレクション内を変数resultで反復処理しながら、以下の処理を実行します。

PersonalInfoクラスのリストとして作成した、myPersonalInfoオブジェクトのAddメソッドで、PersonalInfoクラスの各プロパティ(「ID」、「氏名」、「年齢」、「性別」、「住所」、「勤務先」)に、XML要素(、、、、、)の値を追加します。DataGridコントロールのItemsSourceプロパティにmyPersonalInfoオブジェクトを指定します。DataGridコントロールにXMLデータの一覧が表示されます。

■DataGridコントロール内の[更新]ボタンがクリックされた時の処理

SelectedIndexプロパティで、DataGridコントロールの現在選択されている項目のインデックスを取得して、変数myIndexに格納しておきます。インデックスに該当する、、、、要素のコレクションを取得します。Valueプロパティに、DirectCastでDataGridコントロールより選択された項目を、PersonalInfoにキャストし、そのプロパティ値を指定します。

Versioned.IsNumericメソッドで「年齢」の入力ボックスに入力された値が、数値でない場合は警告メッセージを表示し、処理を中止します。それ以外の場合は、ファイル名と文字コードで初期化された新しいStreamWriterのインスタンスである、writerオブジェクトを生成します。文字コードを指定する際には、Shift_JISではなく、Unicode形式でなければ書き込めませんので注意してください。ここではutf-8を指定しています。Writeメソッドで、編集修正されたXMLデータ(xmldoc.ToString)をストリームに書き込みます。StreamWriterを閉じます。

これで、XML文書ファイルの各要素の値が、DataGridコントロール内で編集修正された値に置き換わります。

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています