PR

何を用意すればいいですか?

2010年10月25日(月)
田口 一博小木 ナツキ

SQL Serverって何に使っているの?

[小木]Azure Tools以外のインストールは終わりました。WebPIって、選択していないソフトでも、選択した他のソフトで使う場合には、自動的にインストールしてくれるんですね。「.NET Framework 4」を選択しなかったのに、インストールされた製品に入っていてビックリしました。そういえば、SQL Serverが必要と言われていましたが、SQL Azureを使わない開発でもインストールは必要なんですか?

[田口]そうですね。開発用ストレージのDevelopment StorageでSQL Serverを利用しているので、SQL Azureとは関係なく必要なんですよ。
 

[小木]開発用ストレージって、ローカル環境にあるテーブルとかブログとかキューと呼ばれる Windows Azureストレージのことですね。Windows Azureストレージについては、まだ良くわかってないケド・・・。まあ、今はSQL Azureとは関係なく開発環境で使う、と覚えておきます!次はAzure Tools のインストールですね。

Azure Toolsのインストール

Azure Toolsは、下記サイトからダウンロードすることが可能です。

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 1.2

ダウンロードサイトに環境によっての注意事項が記載されているので、よく読んで確認したら、コアパッケージのVSCloudService.exe をダウンロードしてインストールします。

VSCloudService.exeを実行すると、インストールされる製品が表示されるので、確認して[Next]をクリックします(画面10)。

画面10:AzureToolsインストール開始

ライセンス条項を読んで、ライセンスに同意できたらチェックを入れて、[Next]をクリックします。インストールが成功したら[Finish]をクリックします。これでAzure Toolsのインストールが完了しました(画面11、画面12)。

画面11:AzureToolsライセンス条項

画面12:AzureToolsインストール完了

続いて同じページにあるVSCloudService.VS100.ja-jp.msi(日本語Language Pack)もダウンロード、インストールして開発環境の準備は完了です(画面13、画面14、画面15、画面16、画面17)。

画面13:AzureTools言語パックインストール開始

画面14:AzureTools言語パックライセンス条項

画面15:AzureTools言語パックフォルダ選択

画面16:AzureTools言語パックインストール準備完了

画面17:AzureTools言語パックインストール完了

開発環境の準備完了

[小木]開発環境の準備が終わりました!
 
 

[田口]これでASP.NETアプリケーションの開発を行えますね。今日はこの辺にしましょう。お疲れさま。
 

[小木]はぁ~、お疲れさまでした~。
 
 

[田口]次回はPHPの環境を準備し、簡単なコードを実行してみましょう。
 
 

[小木]了解です! …とりあえず、お茶飲みましょっか。
 
 

※WebPIでもオプションの変更を行うことでAzure Toolsや言語パックを選択することも可能ですが、テストを行った環境で外部依存関係に問題が出ていたため、今回は別途インストールしています。

【参考文献】

「Windows Azure集中講座 - そもそもWindows Azureとは」

「Windows Azure Platform - Windows Azure を始める」(アクセス:2010/10)

「Visual Studio 2010 Express」(アクセス:2010/10)

スカイコード株式会社

主にマイクロソフトの技術を中心としたプログラマ兼システム管理者兼コンサルタント兼雑務係として従事。Microsoft Azureで少しでもラクに楽しく生きていこうと企む毎日。基本怠け者。

株式会社タクシーサイト

タクシーサイト開発担当。業務システムの開発に4年間従事。PHP、Object Pascal、C#などでプログラムの基礎の基礎を学び、その後他業種へ転職。ブランク後現在の会社に入社し、クラウドを一から勉強中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています