PR

Web SQL DatabaseとIndexed Database API

2010年10月29日(金)
藤本 壱


Web SQL Databaseを使った例

Web SQL Databaseを使った簡単な例として、表5のような住所録(address)テーブルを操作する例を紹介します。

表5: テーブルの構造

列名 内容
name 氏名
address 住所


まず、addressテーブルを作る処理は、以下のリストのようになります。1行目のopenDatabase関数でデータベースを開き、2行目以降でトランザクションを実行します。トランザクション内にはCREATE TABLE文があり、これによってテーブルが作成されます。

addressテーブルに表6のようなレコードを追加する場合、上のリストのexecuteSqlメソッドの部分を、以下のように変えます。

表6: 追加するレコード

name列 address列
山田太郎 東京都
田中次郎 大阪府


また、追加したレコードを読み込んで、IDが「result」のHTML要素に流し込むには、上のリストの「function(tx) {・・・}」の内容を、以下のように変更します。

3行目のfor文で、読み込んだレコードの数だけ繰り返しを行います。そして、4行目の文で個々のレコードを変数rowに代入し、5行目でHTMLを整形します。変数のプロパティが、レコードの列に対応するようになっています。

ちなみに、SafariやGoogle Chromeでは、開発ツールでデータベースの内容を見ることができます(図1)。

図1: 開発ツールでデータベースの内容を見たところ(クリックで拡大)

Indexed Database APIの基本

Web SQL Databaseは、リレーショナル・データベースなので、強力なデータ処理を行える点がメリットです。しかし、前述したように、SQLの「方言」が発生する可能性があるという問題があります。また、リレーショナル・データベースには、テーブルの作成や変更の処理を書くのが面倒、というデメリットもあります。

そこで、キー・バリュー型のような使いやすさを持ちつつ、検索やトランザクションの機能も持ったデータベースのAPIとして、「Indexed Database API」が提案されています。

Indexed Database APIでは、1つのデータベースの中に、複数の「ObjectStore」を作ることができます。ObjectStoreは、リレーショナル・データベースで言うところのテーブルに相当します。そして、ObjectStoreには、JavaScriptの任意のオブジェクトを保存することができます。ObjectStore内の個々のオブジェクトが、リレーショナル・データベースで言うところのレコードに相当します。

スキーマをあらかじめ定義する必要がなく、また任意のオブジェクトを保存できることから、Indexed Database APIは、ドキュメント指向データベース的な雰囲気があります。JavaScriptではオブジェクトを柔軟に作ることができるので、Indexed Database APIはJavaScriptに適したAPIだと言えます。

ただし、Indexed Database APIは、初版が2010年1月に出たばかりなので、本記事の執筆時点では、実装しているWebブラウザがほとんどありません(Firefox 4βぐらい)。しかし、今後主流になりうる可能性を持っています。

1969年生まれ。神戸大学工学部電子工学科卒。ソフトメーカー勤務後、フリーライターとして独立。現在では、パソコン関係およびマネー関係の書籍を中心に執筆活動を行っている。ブログ「The blog of H.Fujimoto」は、Movable TypeやWordPressの情報を中心に毎日更新している(http://www.h-fj.com/blog/)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています