PR

Web Platformの全体像を知る

2011年3月30日(水)
ナオキ(監修:山田祥寛)

Silverlightアプリケーションのブラウザ外実行とその効果

それでは、ブラウザ外で実行できるSilverlightアプリケーションを作成しましょう。手順は、以下のとおりです。

  1. 新しいプロジェクトで「Silverlightアプリケーション」を選択。
    "ThinkIT-SL"という名前を付けてOKボタンをクリック
  2. 表示されたフォーム上にツール・ボックスからTextBox、Button、Labelを貼り付ける
  3. Buttonをダブル・クリックし、クリック・イベントを展開
  4. 次の処理を記載。label1.Content= textBox1.Text;
  5. 1度実行し、TextBoxに値を入力後、Buttonをクリックすると、Labelに文字が表示されることを確認する

次に、サンプルをブラウザ外で実行できるようにします。

  1. ソリューション・エクスプローラから、ThinkIT-SLプロジェクトのプロパティを開き、Silverlightタブの中にある「アプリケーションのブラウザー外実行を有効にする」にチェックを付ける(図2)

図2: アプリケーションのブラウザ外実行を有効にする

図2: アプリケーションのブラウザ外実行を有効にする

以上です。コードを1行も書くことなく、チェック・ボックスを付けるだけで、ブラウザ外で実行させることができるようになります。実行結果は、図3の通りです。

図3: ブラウザ外実行されたSilverlightアプリケーション

図3: ブラウザ外実行されたSilverlightアプリケーション

コンテキスト・メニューから選択すると、クライアント端末上にインストールできるようになります。インストール時に、ショートカットをスタート・メニューかデスクトップに作成します。逆に、アンインストールは、ショートカットからアプリケーションを起動してコンテキスト・メニューから削除を選択するだけです(図4)。

図4: ブラウザ外実行されたSilverlightアプリケーションのアンインストール

図4: ブラウザ外実行されたSilverlightアプリケーションのアンインストール

いかがでしょう。本来は煩雑であるアプリケーションのインストール/アンインストールが非常に簡単に実装できることが分かります。ブラウザ外での実行は、今後のSilverlightの重要な機能になると思うので、簡単に実装できることを覚えておけば、開発に対する意識のハードルもグッと下がるはずです。

ブラウザ外で実行する時に権限を昇格させることで、Webアプリケーションであるにも関わらず、デスクトップ・アプリケーションのような機能を利用できるようになります。例えば、ユーザーに確認することなくローカル・ファイルにアクセスしたり、Silverlightアプリケーション外からファイルをドラッグ&ドロップや、ポップアップ通知が実現できます。COMオブジェクトも利用できるようになるため、COM越しでデスクトップ・アプリケーションと連動することやUSBデバイスとの連携もできるようになります。

「ブラウザ外実行の利用が進む」と記載した理由は、このようにブラウザ外での機能拡張が、開発者/利用者にとって新たなアプリケーションの体験や可能性を生み出す可能性が高いからです。

次期バージョン「Silverlight 5」の新機能

2010年12月、Silverlight FireStarterというイベントで、Silverlight 5で実装される予定の新機能について告知がありました。Silverlight 5自体は2011年後半にリリース予定のようですが、すでに新機能にかなりの注目が集まっています。目玉の機能を紹介しておきます。

  • メディア配信の機能強化

    米国のメディアなどでは、オリンピックなどの大型イベントにおいて、Silverlightを利用した動画配信をすでに実施しています。Silverlight 5からは、クライアント端末のGPU(Graphics Processing Unit)を使ってフルHD解像度のコンテンツを再生できるほか、再生速度を変更(少し速く再生、または少し遅く再生)できるようになります。

  • ブラウザ外実行の機能強化

    権限昇格されているSilverlightアプリケーションでは、P/Invokeが実行できるようになり、Win32 APIの呼び出しなども実現できます。まさにデスクトップ・アプリケーションとそん色が無いRIAアプリケーションになりそうです。

  • 64bitブラウザへの対応

    Silverlightは、今のところ32bitのブラウザに限って利用できていましたが、Silverlight 5からは64bitのブラウザでも利用できるようになります。

  • 開発生産性の向上

    VS 2010による開発時に利用できなかった自動UIテストなどを支援する機能強化が予定されています。

IE9(Internet Explorer 9)のリリースにより、「HTML5がRIAの中心になるのではないか」と感じている方も強いと思います。しかし、Silverlightは、HTML5が苦手としている部分に注力し、バージョン アップを実施しています。米Microsoft自身が注力しているテクノロジなので、業務の要件が合致する場合は、積極的にSilverlightを採用して開発を進めましょう。

著者
ナオキ(監修:山田祥寛)
WINGSプロジェクト

有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表:山田祥寛)。おもな活動は、Web開発分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆。ほかに海外記事の翻訳、講演なども幅広く手がける。2011年3月時点での登録メンバは36名で、現在もプロジェクトメンバーを募集中。執筆に興味のある方は、どしどしご応募頂きたい。著書多数。
http://www.wings.msn.to/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています