PR

vCenter Lab Managerのメリット

2011年9月6日(火)
福留 真二

用語集

Lab Managerで多く登場する用語を紹介します。今後、用語の意味がわからなかったときに参照してください。

●仮想マシンテンプレート
仮想マシンのマスターテンプレートを意味します。Lab Managerではテンプレートから仮想マシン、コンフィグレーションを作成します。
●コンフィグレーション
Lab Managerが管理する仮想マシンのグループを意味します。ユーザーはコンフィグレーションを作成し、コンフィグレーション内に仮想マシンを作成します。
●デプロイ
仮想マシン、コンフィグレーションを ESX 上に登録することを意味します。Lab Managerでは仮想マシン、コンフィグレーションをデプロイすることで仮想マシンがCPU、メモリリソースを利用可能になります。
●公開
ユーザーがテンプレートからコンフィグレーションを作成できるように、テンプレートを利用可能にすることを意味します。公開されていないテンプレートを使用して、ユーザーはコンフィグレーションを作成することはできません。
●アンデプロイ
仮想マシン、コンフィグレーションを ESX上から削除することを意味します。Lab Manager では仮想マシン、コンフィグレーションをアンデプロイすることでその仮想マシンが使用しているCPU、メモリリソースを解放します。
●フェンシング
同一のネットワーク情報を持つコンフィグレーションを同時に同一ネットワーク上に存在させることを可能にするLab Manager の機能です。その際、Lab Manager は仮想ルーターを自動的に作成します。コンフィグレーション内の仮想マシンは、同一 ESX ホスト上に配置されます。
●ホストスパニング
フェンシングの拡張機能です。フェンシングの際に、コンフィグレーション内の仮想マシンを別のESXホスト上に所属させる機能です。ホストスパニングを使うには、vSphere Enterprise plus のライセンスとvDSの設定が必要です。
●リンククローン
仮想マシンを作成するのに、参照元のフルクローンをせず、参照元の差分ディスクのみを作成することで、フルクローンより高速で小容量で仮想マシンを複製する技術です。vCenter Serverのみの環境では、フルクローンのみ使用可能です。Lab Manager の存在する環境では、フルクローン、リンククローンのどちらも可能です。
●リース
仮想マシン、コンフィグレーションの使用期間を設定する機能です。リースにはデプロイメントリース、ストレージリースの2つがあります。デプロイメントリースを過ぎると自動的にアンデプロイされ、ストレージリースを過ぎると自動的にファイルをデータストアから削除します。
●組織
利用可能なリソースを制限できるオブジェクトです。デフォルトでは[[Default]]という名前の組織が存在します。追加で使用可能なリソース、アクセス可能なユーザーを制限した組織を作成可能です。ユーザーは[[組織]]内の[[ワークスペース]]でコンフィグレーションを作成します。
●ワークスペース
[組織]内でユーザーが操作するスペースを意味します。ユーザーはワークスペース内でコンフィグレーションを使用します。[組織]内にはデフォルトで[Main]という名前のワークスペースが存在します。追加で使用可能なリソース、アクセス可能なユーザーを制限した[ワークスペース]を作成可能です。
株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています