PR

たった4ステップでWordPressをインストールできるWindows Azureの「Webサイト」

2012年8月29日(水)
田口 一博

WebMatrix 2を使ったWebサイトの編集

WebサイトにインストールしたWordPressなどのオープンソースアプリケーションをカスタマイズする場合、WebMatrix 2(現在はRC版)が便利です。

では、先ほどインストールしたWordPressでWebMatrix 2を使ってみましょう。今回作成したWebサイトを選択し、コマンドバーの[WebMatrix]をクリックします(画面10の(1))。

画面10:WebMatrixの起動(クリックで拡大)

WebPI (Web Platform Installer)やWebMatrix 2がインストールされていなければ、自動的にインストールが始まります。インストール完了後、WebMatrix 2 が起動し依存関係がある製品のインストールを行うメッセージが表示されますので、[続行]をクリックしてインストールを進めます。

画面11:必要な製品のインストール(クリックで拡大)

使用するデータベースの設定を行います。MySQLがローカルにインストールされていない場合は、自動的にインストールされます。

画面12:MySQLのインストール(クリックで拡大)

ライセンス条項を読み[同意する]をクリックすると、必要なアプリケーションのインストールや、ファイルのダウンロードが始まります。全ての作業が終わると編集可能となります(画面13)。

画面13:WebMatrix(クリックで拡大)

WebMatrix 2では、メニューの[実行](画面13の(1))をクリックするとローカルのWordPressで確認が行えます。また、[Site Admin](画面13の(3))をクリックするとWordPressの管理画面が表示されます。MySQLのデータもダウンロードされていますので、Webサイト上で設定したアカウントでログイン可能です。

ローカルでファイルやデータベースの編集を行ったら「発行」(画面13の(2))をクリックすると発行のプレビューが表示(画面14)され、Webサイトの更新を行うことができます。変更されたファイルを確認し、問題なければ、「続行」(画面14の(1))ボタンをクリックします。

この時、データベースも更新する場合は、データベースにチェックをつけてください(画面14の(2))。

画面14:発行(クリックで拡大)

これでWebサイトの更新が完了です。もちろん、データベースを更新した場合は、ローカルで投稿した記事やテーマの変更などもWebサイトに反映されます。

Windows Azure 管理ポータル

最後に管理ポータルの紹介です。本稿で既に出てきていますが、Windows Azure には、専用の管理用サイトが用意されており、多くの管理作業をブラウザで行うことができます。

現在、Windows Azure の管理が行えるサイトは、Webサイト、仮想マシン、仮想ネットワークなどのプレビュー機能の管理を行える、HTML5ベースの新しい管理ポータル(プレビュー版)と、今までのSilverlightベースの管理ポータル(以下、管理ポータル)があります。

「管理ポータル」から「新しい管理ポータル」に移動するには、画面下の[プレビューポータルにアクセス]をクリック、「新しい管理ポータル」から「管理ポータル」に移動するには画面上の[PREVIEW]をクリックし表示される「Take me to the previous portal」をクリックすることで移動できます。

画面15:管理ポータルから新しい管理ポータルへ移動(クリックで拡大)
画面16:新しい管理ポータルから管理ポータルへ移動(クリックで拡大)

また、現在の新しい管理ポータルはプレビュー版であり、管理できる機能もプレビューが中心となっています。そのため、CDNなど管理できない機能もありますのでご注意ください(以下、管理ポータルの比較を参照)。

管理ポータルの比較(2012年8月28日現在)

機能 新しい管理ポータル 管理ポータル
Webサイトの作成 -
クラウドサービスの作成
仮想マシンの作成 -
SQL データベースの作成 ○(照合順序の指定も可能)
ストレージの作成
仮想ネットワークの作成 -
メディアサービスの作成 -
CDN -
管理証明書の追加・削除
共同管理者の追加・削除 -

まとめ

今回は、サポートされる開発言語を中心にWindows Azureの新機能であるWebサイトを簡単に紹介し、Webサイトを利用してオープンソースアプリケーションの公開や、WebMatrix2を使ったカスタマイズについて説明しました。WordPressのようなPHPとMySQLによるサイトを簡単に公開・カスタマイズできますので、試していただけると幸いです。

また、今回ご紹介しましたWebサイトを含む新機能を中心としたハンズオン大会が9月8日(土)に開催されます。Webサイトだけではなく、仮想マシン(Linux、Windows)も、体験できるチャンスです。ぜひご参加ください。
→ Azure座談ハンズオン大会+JAZUG結成2周年

次回は、Webサイトを利用したPHPについて、pnop浅見さんが詳しく説明する予定です。ご期待ください。

スカイコード株式会社

主にマイクロソフトの技術を中心としたプログラマ兼システム管理者兼コンサルタント兼雑務係として従事。Microsoft Azureで少しでもラクに楽しく生きていこうと企む毎日。基本怠け者。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています