PR

「Touch ♪ Downtown 六角橋」でNFC技術が古き良き商店街と融合!

2012年11月22日(木)
インプレスジャパン コンピューターテクノロジー編集部

2012年11月17日、横浜市の六角橋商店街で、NFC LAB主催のイベント「Touch ♪ Downtown 六角橋」が開催された。NFCを活用したアトラクションが、各企業から多数用意され、子どもから大人まで、幅広い層が楽しんだ様子をレポートする。

商店街でNFC搭載カードを配布

六角橋商店街は昭和の風情が強く残り、ドラマや映画の撮影もしばしば行われる。今回のイベントは、そんなレトロで懐かしい雰囲気の漂う商店街で、最新のNFC技術を実際に体験してもらおうという斬新な試み。同商店街主催の別イベント「六角橋食べくら横丁」の日程に合わせて開催された。


「NFC(Near Field Communication)」は、近距離無線通信技術の国際標準規格だ。対応する端末やICタグ同士を、数センチ以内に近づけるだけで、データ通信が行える。

おサイフケータイでおなじみのFeliCaも似た機能を持つが、国内のみで流通するFelicaに対し、NFCは国際的に広まりつつあり、グローバルな汎用性が注目を集めている。


主催者のNFC LABは、NFCの普及促進を目指す有志によるコミュニティ。全国各地で勉強会や、ハッカソン・アイデアソンなど、数多く開催している。

図1:六角橋商店街に設置されたイベント本部

参加者はまず、商店街の一角「六角橋レトロ劇場」に設けられた受付で、NFCカードを手に入れる。イベントを知らずに通りかかった住民も足を止め、そのまま受付を行う姿が多く見られた。

子どもたちがヒーローに歓喜!

凸版印刷株式会社は、6人組ヒーロー「非接触戦隊ロッカク」を結成。彼らはその腕に、NFC搭載スマホを携える。

腕のスマホが先述のNFCカードを認識し、参加者はそこにカードをかざすごとにステッカーがもらえ、さらに6人全員を制覇すると、お菓子がもらえるという催し。敵として現れたショッカーとの絡みもあり、子どもたちに大人気。用意されたステッカーやプレゼントは、早々に品切れとなった。

図2:商店街の広場でショッカーを倒すロッカク(写真提供:株式会社ブリリアントサービス)
著者
インプレスジャパン コンピューターテクノロジー編集部

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事