TOP調査レポート> SaaSの仕組み




改めて知りたいSaaSビジネス
改めて知りたいSaaSビジネス

第1回:正直、SaaSビジネスは儲かるか?

著者:野村総合研究所  城田 真琴   2007/10/17
前のページ  1  2  3  次のページ
SaaSの仕組み

   インターネット経由で配信されるアプリケーションソフトをWebブラウザで利用するというのがSaaSの基本的な仕組みである。ここではSaaSの仕組みをもう少し詳しく説明しよう(図1)。
SaaSの仕組み
図1:SaaSの仕組み
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   SaaSによってユーザに提供されるソフトウェアは、データセンター内に設置されたサーバ(Webサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバなど)で実行される。ユーザ側は、遠隔地のサーバにインストールされたアプリケーションソフトを、インターネットに接続されたパソコンのWebブラウザなどを通じて利用する。

   アプリケーションソフトおよび顧客から預かったデータを保管して、管理運用を行うデータセンターには、堅牢性や高度なセキュリティが求められる。このため、空調設備や各種防災設備(耐震構造、無停電電源装置など)、高度なセキュリティ管理(ICカードによる入退室管理、24時間監視など)などのシステムが導入されている。

   データセンターには、SaaSベンダーが自ら所有して管理を行う場合と、大規模なサーバやストレージ機器、ネットワーク回線設備を備え、それらの管理・運用を請け負う専門の事業者にアウトソースする場合がある。

   一部のSaaSベンダーを除き、一般的には自社で高額な大容量回線を維持したりネットワーク管理の専門家を雇ったりするよりも、専門のデータセンター事業者にアウトソースした方が、安価で高品質なサービスを受けられる。自社のコア業務に専念することができるため、アウトソースする場合が多いのだ。

   オラクルに買収される以前のシーベルはIBMのデータセンターを利用していたし、SAPほどの巨大ベンダーでさえも、IBMのデータセンターを利用しているのが好例だ。なお、アプリケーションソフトのメンテナンス作業(パッチ当てなど)やバージョンアップ作業はSaaSベンダー側の責任において行われる。


急成長を遂げるSaaS企業

   現在のSaaS市場を牽引しているのは、CRM/SFAアプリケーションを提供するセールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)である。同社は米国の経済誌「フォーブス(Forbes)」のWebサイトである「Forbes.com」が2007年1月に発表した「過去5年間で急成長を遂げたテクノロジー企業25社」で3位にランキングされている(表2)。

順位 企業名 事業内容 株価($) EPS成長率(%) 5年間の売上伸び率(+%) 直近12ヶ月間の売上($M)
1 Illumina バイオ設備 39.49 26 250 145
2 Google 検索エンジン 505 33 222 9,319
3 Salesforce.com CRMソフト 42.42 50 117 444
4 Monolithic Power Systems 半導体 11.74 20 81 111
5 Altiris デスクトップ管理ソフト 26.92 14 76 215
6 Martek Biosciences 栄養補給剤 24.17 13 70 271
7 Euronet Worldwide 銀行ソフト 27.67 20 69 607
8 Cephalon バイオ 70.31 20 65 1,570
9 Sonic Solutions ディジタルメディア向けソフト 17.8 20 59 154
10 WebEx Communications ビデオ会議 35.16 19 59 362

表2:米国の急成長テクノロジー企業25社(10位までを抜粋)

   同ランキングで2位にランキングされているのが、いわずと知れたグーグルであり、1位はバイオテクノロジー設備を提供するイルミナ(Illumina)である。

   このランキングは米国市場に上場するテクノロジー企業約2,200社を対象としたもので、IT企業だけを対象にしたものではない。IT企業に限れば、5年間で222%という驚異的な売り上げ伸び率を示したグーグルが1位で、2位が同じく117%の伸びを示したセールスフォース・ドットコムということになる。

   このセールスフォース・ドットコムの急成長に続けとばかりに、現在米国ではSaaSビジネスに進出する企業が後を絶たない。日本においても、セールスフォース・ドットコムのほか、中小企業向けにCRM/ERP/Eコマースなどを提供するネットスイート(Netsuite)、CRM/SFAを提供するライトナウ・テクノロジーズ(RightNow Technologies)、Web会議のWebEx(現在は、シスコシステムズに買収されている)などが米国から進出してきている。

前のページ  1  2  3  次のページ


株式会社野村総合研究所 城田 真琴
著者プロフィール
株式会社野村総合研究所  主任研究員  城田 真琴

IT動向のリサーチと分析を行うITアナリスト。大手メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。専門は、SaaSの他、SOA、BI、オープンソースなど。最近は、Web2.0の技術的側面からのリサーチを推進。最新著書「SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス 〜ソフトウェア業界を揺るがす破壊的イノベーション〜」(毎日コミュニケーションズ)が10月末発売予定。


INDEX
第1回:正直、SaaSビジネスは儲かるか?
  SaaSとは
SaaSの仕組み
  SaaSビジネスは儲かるのか?