TOP比較データ> Adviceの種類




徹底比較!!DIxAOPコンテナ
DIxAOPコンテナ「Seasar2とSpring」

第5回:AOPとは何か
著者:豆蔵  長谷川 裕一、竹端 進   2005/12/16
前のページ  1  2  3   4  次のページ
Adviceの種類

   さて今まで解説してきたことでおわかりになる通り、既存のソースコードに処理を追加するには、「追加する処理を記述する(Adviceを実装する)こと」と「処理が実装されているAdviceをどこに追加するかの条件を決める(Pointcutを作成する)こと」の2つが必要になります。

   Adviceの実装は一般的に、AOPの実装フレームワーク(例えばSeasar2やSpring)が提供するクラスやインターフェースを継承/実装して行います。では、どのような種類のAdviceが提供されるのでしょう。以下のAdviceはSeasar2やSpringに特化していない一般的なAdviceの種類です。
Around Advice

   Joinpointの前後で実行されるAdvice。

Around Advice
図5:Around Advice


Before Advice

   Joinpointの前に実行するAdvice。

Before Advice
図6:Before Advice


After Advide

   正常・例外を問わず、Joinpointが終了した後に実行されるAdvice。

After Advice
図7:After Advice


Throw Advice

   Joinpointで例外が発生した場合に実行されるAdvice。

Throw Advice
図8:Throw Advice


After Returning Advice

   Joinpointが完全に正常終了した後に実行されるAdvice。

After Returning Advice
図9:After Returning Advice

前のページ  1  2  3   4  次のページ


株式会社豆蔵 長谷川 裕一
著者プロフィール
株式会社豆蔵  長谷川 裕一
XMLの技術開発やCORBA、EJBを使用したシステム開発などを経て、現在はアジャイル開発プロセスの導入から工学的なソフトウエアプロセスの策定、オープンソースプロダクトに関するコンサルタント、アーキテクトとして常に第一線で活躍。共著として「プログラムの育てかた 現場で使えるリファクタリング(ソフトバンク)」、「Spring入門(技術評論社)」。


株式会社豆蔵 竹端 進
著者プロフィール
株式会社豆蔵  竹端 進
鉄鋼系SIerを経て現職に。現在はオープンソースプロダクトに関するコンサティング、開発支援、教育を行うチームに所属。日々、新たな技術をどのように生かしていくかを考える毎日。現在の注目対象はSeasar2とMaven。


INDEX
第5回:AOPとは何か
  アスペクト指向プログラミング(AOP:Aspect Oriented Programming)とは
  AOPの適用範囲
Adviceの種類
  AOPの仕組み