TOPサーバ構築・運用> Virtual Serverを知る




仮想化技術 完全攻略ガイド
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す

第3回:Virtual Serverを理解する(前編)
著者:慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生  小野 雄太郎
2006/11/15
1   2  次のページ
Virtual Serverを知る

   ここでは、実際にVirtual Serverを使って仮想環境を構築していく前に、基本的なVirtual Serverの機能などを見ていきたいと思います。

ホストOSとゲストOS

   Virtual Serverでは、Virtual Serverをインストールした物理PCのシステムと、Virtual Serverの中で動いている仮想環境のシステムを、それぞれ「ホストOS」と「ゲストOS」と呼んでいます。ホストOS上でゲストOSのインスタンスが動作する、ということになります。また、ゲストOSとその仮想環境の設定も含め、まとめてこれを「バーチャルマシン」と呼ぶこともあります(図11)。

ホストOSとゲストOSの関係
図11:ホストOSとゲストOSの関係


バーチャルネットワーク

   
バーチャルネットワーク
図12:バーチャルネットワーク

   バーチャルネットワークは、バーチャルネットワークを割り当てたゲストOS間のみ通信ができるように設定することも、ゲストOS間だけでなくVirtual Server外部のネットワークと通信できるように設定することもできます。バーチャルネットワークを巧みに組み合わせることで、ゲストOSを物理ネットワークから安全に隔離して保護することも可能です。


バーチャルDHCPサーバー

   バーチャルネットワークに接続されたゲストOSのために、バーチャルネットワーク内にIPアドレスを配布するDHCPサーバーをVirtual Serverは持っています。このDHCPサーバーを有効にしてバーチャルネットワークで利用すれば、ゲストOSへ簡単にIPアドレスを割り当てることができます(図13)。

バーチャルDHCPサーバーが有効
図13:バーチャルDHCPサーバーが有効
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


バーチャルNIC

   ゲストOSからネットワークに接続するには、バーチャルNICと呼ばれる仮想NICをゲストOSに割り当てます。このバーチャルNICを割り当てると、ゲストOSには通常のネットワークアダプタがシステムに追加されたように見えます。

   このNICを利用してゲストOSは通信を行います。Virtual ServerでバーチャルNICとバーチャルネットワークを対応付け割り当てることで、バーチャルNICがどのバーチャルネットワークに接続されるかが決まります。この設定を変更することで、ゲストOSが接続するネットワークを簡単に制限できます。なお、バーチャルNICはゲストOS 1つにつき4つまで割り当てることができます。

1   2  次のページ


慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生 小野 雄太郎
著者プロフィール
慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生   小野 雄太郎
Microsoft MVP for Windows Server - Networking, Jan 2004 - Jan 2007.
1982年生まれ。エンタープライズネットワークやIPv6といったネットワーク技術のほか、Windows Server Systemの設計や運用などを独学で習得。幅広い分野をひとりでカバーする。MCSEをはじめCCDA/CCNAといったベンダー資格も多数保有する。2004年より慶應義塾大学に在籍中。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:Virtual Serverを理解する(前編)
Virtual Serverを知る
  バーチャルハードディスク
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す
第1回 Virtual Server 2005 R2概要
第2回 Virtual Serverのインストール
第3回 Virtual Serverを理解する(前編)
第4回 Virtual Serverを理解する(後編)
第5回 評価環境の構築
第6回 バーチャルマシンの複製
第7回 Active Directory環境の準備
第8回 Windows Vistaの評価