TOPサーバ構築・運用> Windows Vistaも評価する




仮想化技術 完全攻略ガイド
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す

第8回:Windows Vistaの評価
著者:慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生  小野 雄太郎
2006/11/27
1   2  次のページ
Windows Vistaも評価する

   ここまでは次世代サーバーOSであるLonghorn Serverを取り上げてきましたが、最後にクライアントOSとしてのWindows VistaもVirtual Server上にゲストOSとしてインストールしてみたいと思います。

Vistaのインストール

   ゲストOSとしてVistaをインストールする方法はLonghorn Serverと変わりません。

   Virtual Serverでバーチャルマシンの構成を作成し、今回もTechNet Plus Subscriptionで配布されている「Windows Vista Beta 2(x86)-Build 5384」のインストールCD-ROMを使ってゲストOSをインストールします。バーチャルマシンをオンにしてインストーラが起動したら、ウィザードに従って進めればVistaのインストールが完了します。インストールが終わったら、今回もバーチャルマシン追加機能をインストールしておきます。


Vistaをドメインクライアントにする

   VistaをActive Directoryのドメインクライアントにする方法は、Windows XPなどとほぼ同様です。スタートメニューの「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を選びます。表示されたシステムのプロパティで、「コンピュータ名、ドメインおよびワークグループの設定」の設定を変更します。Vistaの新機能であるUAC(User Access Control)によるユーザー権限確認を行ったら、コンピュータの設定をワークグループからドメインへ変更します(図40)。

Vistaをドメインに参加させる
図40:Vistaをドメインに参加させる
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


ファイルサーバーにアクセスする

   Vistaをドメインに参加したら、ドメインユーザーとしてログインします。ログオン画面ではローカルユーザーでのログインではなく、「ユーザの切り替え」ボタンをクリックして、「他のユーザ」としてドメインアカウントのユーザー名とパスワードを指定します。すると、ドメインユーザーとしてVistaにログインできます。

   そのあとは、エクスプローラなどでファイルサーバーなどにアクセスすると、ドメインユーザーとしてVirtual Server上に構築した仮想イントラネット環境を利用できます(図41)。

Vistaから仮想ネットワークを利用
図41:Vistaから仮想ネットワークを利用
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1   2  次のページ


慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生 小野 雄太郎
著者プロフィール
慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生   小野 雄太郎
Microsoft MVP for Windows Server - Networking, Jan 2004 - Jan 2007.
1982年生まれ。エンタープライズネットワークやIPv6といったネットワーク技術のほか、Windows Server Systemの設計や運用などを独学で習得。幅広い分野をひとりでカバーする。MCSEをはじめCCDA/CCNAといったベンダー資格も多数保有する。2004年より慶應義塾大学に在籍中。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第8回:Windows Vistaの評価
Windows Vistaも評価する
  Virtual Serverを活用しよう
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す
第1回 Virtual Server 2005 R2概要
第2回 Virtual Serverのインストール
第3回 Virtual Serverを理解する(前編)
第4回 Virtual Serverを理解する(後編)
第5回 評価環境の構築
第6回 バーチャルマシンの複製
第7回 Active Directory環境の準備
第8回 Windows Vistaの評価