TOPサーバ構築・運用> ログに記録されること




アクセスログ解析
アクセスログ解析でWebマーケティング効果を向上

第2回:ログに隠された数字の意味

著者:いなかどっとコム  石井 研二   2007/5/21
1   2  3  次のページ
ログに記録されること

   記録の形式はWebサーバの種類で違っています。また設定を変えればさまざまな項目を記録することができますが、例えばApacheで基本となる「コモン(標準)形式」のログはこんな形をしています。
000.000.000.000 - - [17/May/2007:00:03:11 +0900] "GET /index.html HTTP/1.1" 200 1543

   最初の項目が訪問者のIPアドレスで次に「-」が2つ並んでいますが、前の方がidentdの記録です。もし訪問者のマシンでidentdが動作していれば必要な識別子が記録されますが、普通動作していないので、ほとんどの場合「-」のままです。

   2番目の「-」はサーバの認証でIDを記録する場所です。「ID:ishii PW:123」と記入してログインしたら、ここに「ishii」と記載されます。ishiiという行だけ抜き出せば、ユーザishiiがどう行動したか全部わかるのです。

   次の[ ]内がアクセス時刻です。

000.000.000.001 - - [17/May/2007:00:03:11 +0900] "GET /index.html
000.000.000.001 - - [17/May/2007:00:03:25 +0900] "GET /index2.html

   ここを見ると同じ人が午前0時3分11秒にindex.htmlをリクエストし、午前0時3分25秒にindex2.htmlをリクエストした、ということがわかるわけです。この差をとれば、この人はindex.htmlを14秒間見ていた、と判断できます。

   では、この人はindex2.htmlを何秒見ていたでしょうか。「ここではわからない」というのが正解です。各ページの滞在時間は次のリクエストの時刻との差でしか算出できないので、一番最後に見られたページは滞在時間を計算できないことになります。

   そして次の「GET」がリクエストメソッドで、CGIなどにはPOSTでデータを送信する場合も多いです。その後の「/index.html」がリクエストされた(見られた)Webページです。厳密に言えば「リクエストされた」ということと、「表示された」ということはイコールではありません。存在しないURLがリクエストされた場合には、サーバは「Not Found」という反応を返します。

   httpのバージョンを挟んで「200」という数字がありますが、これが「正常終了」を意味する数字です。「ステータス(状態表示)」と呼ばれるもので、数字そのものに意味があるのではなく、下記のように各状態に数字が割り当てられているだけです。

  • 200:正常終了
  • 304:キャッシュから表示
  • 403:禁止(Forbidden)
  • 404:ファイルが見つからない(Not Found)
  • 405:メソッドが許可されていない

   ログに関してこのような決まりがあれば、数字を記録するだけで、どんな結果だったかということがすぐにわかります。主にログの大半は200と304でできあがっています。ブラウザでWebサイトを見ていて一番目につくのは404です。もしログに404がたくさん記録されていたら、これはどこかにリンク切れがあるということなのですぐに調べて直しましょう。

/index.html HTTP/1.1" 200
/index2.html HTTP/1.1" 404

   上記では「index.htmlに書かれているindex2.htmlへのリンクがリンク切れになっている」ということなので、index.htmlを見てリンクを正しく書き直します。

   最近のWebサイトではCSSやJavaScriptの外部ファイルを多くリンクされていますが、全ページからリンクされているCSSなどがリンク切れを起こしていると、どのWebページが見られても舞台裏ではCSSに対して404が記録されることになります。

   また403や405が繰り返された場合、存在しないWebページやメソッドを直接アクセスする怪しい訪問者ということになるでしょう。IPアドレスを確認して、プロバイダに注意を送る必要があるかもしれません。サーバを管理している立場からすると、これは大切な情報です。

   ログの行の最後には「1543」という数字があります。これが「転送された容量」、つまりこの例ではindex.htmlのデータ量が1543バイトだったことがわかるのです。ステータスが304、つまりキャッシュから表示された場合には、どんなファイルがリクエストされていてもデータは転送されませんから、ここの記録は「-」となります。空のファイルが転送された場合には「0」となります。

   また実際に転送が行われた量が問題です。短時間に膨大なデータが転送されていたら、パフォーマンスが落ちていたかもしれません。次のピーク時までにシステムを増強しないと、最悪サーバがダウンしまうかもしれません。ログではリクエスト時刻と転送容量が、サーバ管理上非常に重要なデータなのです。例えばAnalogなどのサーバ管理用ログ解析ツールでは、転送容量が最も重視されています。

1   2  3  次のページ


有限会社いなかどっとコム 石井 研二
著者プロフィール
有限会社いなかどっとコム  石井 研二
有限会社いなかどっとコム 代表取締役
1961年、神戸市生まれ。大阪府立大学総合科学部(実験心理学)卒業。「DODA」編集デスク、「Salida」副編集長を経て、通販カタログ企画、社史編集、アウトドア雑誌企画等、多数。1995年からWebプロデューサ。当初からアクセス解析の手法を使って、さまざまな企業サイトの構築・運営を成功に導く。
1999年5月、有限会社いなかどっとコムを設立。ホームページ制作/コンサルティングとアクセス解析を行なう。2002年、アクセス解析サービス「サイトグラム」を開発・発売。年間10億ページビュー以上の解析を行い、多くの企業サイトにアドバイスを行なう「日本一のログ読み男」。2005年からは、新しい解析サービス「スコアメイク」を展開している。関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合 理事


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:ログに隠された数字の意味
ログに記録されること
  画像の記録がログをこんなに重くする!
  リファラが絶対に必要
アクセスログ解析でWebマーケティング効果を向上
第1回 アクセスログの基礎の基礎
第2回 ログに隠された数字の意味
第3回 どんな解析メソッドがあるのか