TOPシステム開発> トラブル事例




システムの運用と保守
システムの運用・保守を考えていますか?

第2回:障害発生を考えていますか?

著者:みずほ情報総研  老川 正志   2007/9/4
1   2  3  次のページ
トラブル事例

   「第1回:Javaで重要なことは開発ではない?」では障害対応について解説しました。今回は、障害発生を切り口として、どのように対処していくのかを具体的に説明してきます。

   実際にお客様のシステムで発生した障害において、このような経験はないでしょうか。
ケース1:障害が発生したのに、気が付かなかった
お客様から、「システムにつながらない」という連絡が入る。調べてみたら、障害が発生しており、連絡を受けるまで、まったく気が付かなかった。
ケース2:障害の原因調査に時間がかかってしまった
障害発生の連絡を受けて調査していたが、サーバの台数が多く、原因調査に時間がかかってしまい、暫定対処が遅れてしまった。

表1:システム運用・保守時のトラブル事例

   どちらも、いろいろな原因があるかと思います。では、それぞれのケースにおける対処法を説明していきます。


ケース1の対応法:サービス監視の実施

   ケース1の原因は、「サービス障害監視を行っていない」ことでしょう。システム運用・保守を行っている以上、お客様よりも早く障害に気が付き、対応すべきです。

   そのため商用製品・オープンソースを使った監視ツールを導入していることが多いのですが、監視対象がハードウェア、OSのプロセス、ネットワーク(ping)といった監視だけでは障害が発生しているのに気が付かず、このような経験をすることがあります。

   ここで重要なのは、お客様が利用する形式(サービス)での監視です。そのためにも、必ずサービス監視を実施しましょう。

   サービス監視はそれほど難しい仕組みではありません。典型的な仕組みは図1のようになります。

サービス監視の仕組み
図1:サービス監視の仕組み

   「サービス監視システム」は利用者と同じようなアクセスを定期的に実施します(図1-1)。アクセス先は「サービス監視アプリケーション」であり、このアプリケーションでサービスが稼動しているかを判断します。アクセスの際、通常と違うレスポンスの場合は、監視対象システムに障害が発生しているとみなし(図1-2)、障害の通報を行います(図1-3)。


サービス監視アプリケーションの作成

   具体的に、監視対象システムがWebアプリケーションの場合を考えてみましょう。

   まず、サービス監視アプリケーションについてです。監視対象システムがWebアプリケーションの場合、利用者と同じようなアクセス方法(図1-1)は、HTTP(もしくはHTTPS)通信になります。つまり、サービス監視を行うべき対象アプリケーションもWebアプリケーションになります。

   サービス監視アプリケーションは「サービスが稼動していると判断する基準」に従って作成します。この基準はシステムによって様々ですが、「データベースアクセスを行い、1つのページを表示する」といった挙動ができれば、サービスは稼動していると判断してもよいのではないでしょうか。

   そのほかにも、「すべての機能を実行する」「1つの機能を実行する」といった、より厳しい判断基準も考えられます。しかし費用対効果を考えると、1つのページを表示するだけで、ほぼ同等の効果を得ることができます。

   以下はサービス監視用のアプリケーションの例です。

サービス監視用アプリケーションの例
import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;
⁄*
 *  サービス監視用サーブレット
 *  データベースから固定文字"Think IT!"を取得し、表示する。
 */ 
public class MonitorServiceServlet extends HttpServlet {
  public void doGet(HttpServletRequest request,HttpServletResponse response)
    throws ServletException,IOException {

      //DbAccessクラスを使い、monitorテーブル中の1行目にあるconstant列を取得する
    String monitorString = DbAccess.getString("monitor", "constant ",1)

      //HTML表示
    response.setContentType("text/html;charset=Shift_JIS");
    PrintWriter out=response.getWriter();
    out.println("<html>");
    out.println("<head><title>Monitoring</title></head>");
    out.println("<body><p>" + monitorString + "</p></body>");
    out.println("</html>");
  }
}

   サービス監視用アプリケーションでは、正常稼動時は固定のレスポンスとなります。そのため、サービス監視システムでは正常稼動時と異なるレスポンスのときにサービス障害と判断し、障害を通報します。

1   2  3  次のページ


みずほ情報総研株式会社 老川 正志
著者プロフィール
みずほ情報総研株式会社  老川 正志
技術企画部 システムエンジニア
2001年、株式会社富士総合研究所(現 みずほ情報総研株式会社)入社。システム開発部門への技術支援業務を経験後、データセンター ソリューション「TEXIV(テキシブ)」の立ち上げに参画、2002年から現職。現在は、ホスティングサービス事業の拡大のほか、システム開発効率向上の企画・調査を担当。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:障害発生を考えていますか?
トラブル事例
  サービス監視システムの構築
  応用:改竄の検知
システムの運用・保守を考えていますか?
第1回 Javaで重要なことは開発ではない?
第2回 障害発生を考えていますか?
第3回 システム利用環境を考慮していますか?
第4回 Javaのシステム更改を考慮していますか?
関連記事
Javadocから考える開発ドキュメンテーション
Javaコーディング規約