TOP書籍連動> この記事について




SQLiteの高度な活用術
SQLiteの高度な活用術

第1回:画面レベルのテストを自動化して効率化をはかろう

著者:Peter Lavin   2006/3/27
1   2  次のページ
この記事について

   この記事では、SQLiteデータベースを使ったリンク管理システムを開発することにします。フロントエンドでは、図1のようにWebサイトのリンクをアルファベット順に並 べたものを作成します。最近登録されたリンクはハイライトされており、他のWebページに簡単にアクセスできます。
Webサイトのリンク
図1:Webサイトのリンク
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   登録フォームもあり、追加リンクの登録申請を行えます。ただし、レビューが行われるまでは、Webサイト上には表示しません。レビューを行い、リンクのメンテナンスを行うためのバックエンドも用意します。


SQLiteの機能

   このアプリケーションでは、SQLiteの高度な機能を見ていきます。まずは、トリガーやビュー機能を活用しましょう。トリガーを使って、datestampフィールドに値をセットします。こうすることで、レコードの追加や変更が行われた際に、自動的に更新時間がセットされます。

   ビューを使うと、クエリーを保存したり、FROM句を使ってテーブルを置換したりできます。また、トリガーとともに使うことで、ビューの更新により、関連したテーブルを更新させることもできます。

   PHPを使ったデータベースプログラミングの場合、MySQLとの比較は避けられません。そこで、SQLiteとMySQLでのSQL構文の違いも見ていきましょう。同様に、PHPにはSQLiteを使うための多くの関数が用意されています。これに関しても、MySQL関数との違いを見ていきましょう。

   エラートラップを行うよりも例外を活用した方が、美しいコードになります。また、PHPのSQLite関数にはオブジェクト指向インターフェースが用意されているため、SQLiteデータベースクラスを拡張することで、SQLiteのメソッドが失敗したときの挙動を変更できます。

   他にも、データベースからメタデータを取り出すことで、データの検証メソッドをクラスに付加できます。これは、SQLiteが持つsqlite_masterテーブルやpragmaを利用することで実現できます。

   また、SQLiteに提供されている関数だけでなく、UDF(ユーザ定義関数)を活用することで、色々な関数を利用することもできます。

1   2  次のページ

PHPプログラマーズマガジン 書籍紹介
PHPプログラマーズマガジン

PHPプログラマーズマガジンは、PDF形式で読者の方にお届けするPHP言語(PHP: Hypertext Processor)専門誌です。 カナダMTA出版のphp|architect誌を日本語に翻訳し、独自の記事を加えて月刊でお届けしています。

発行:アシアル株式会社  価格:1,029円

 ご購入はこちら
http://www.asial.co.jp/magazine/
Peter Lavin
著者プロフィール
Peter Lavin
カナダ、トロントでWebデザイナ/Web開発者として働いています。現在、PHPのオブジェクト指向をテーマにした本を執筆しており、No Starch Press社より出版される予定です。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:画面レベルのテストを自動化して効率化をはかろう
  SQLiteの機能
  はじめに
SQLiteの高度な活用術
第1回 画面レベルのテストを自動化して効率化をはかろう
第2回 最小限の労力で最大限の効果を得る技
第3回 例外処理の注意点
第4回 SQLiteDatabaseの拡張のメソッドの紹介
第5回 ユーティリティメソッドの注意点
第6回 ユーザ定義関数のまとめ