TOP書籍連動> フレームワークの役割




フレームワークの役割とその構築
フレームワークの役割とその構築

第2回:フレームワークの役割と構築方法 〜 前編

著者:Darryl Patterson   2006/7/31
1   2  次のページ
フレームワークの役割

   一般的に、フレームワークには次のような効果を発揮することが求められ、これが多くの開発現場でフレームワークを使う理由にもなっています。

開発スピードのアップ

   開発スピードのアップは開発者がフレームワークに最も求めているものであり、素早く簡単に成果をあげなければなりません。Web開発に共通で必要なものはフレームワークが提供するので、開発者はアプリケーション特有の機能のコーディングに集中できます。開発者がフォーム入力チェック/データ操作/セキュリティ/セッションやログイン管理などを気にすることがあってはいけません。こういったことはフレームワークで処理されるべきです。


構造化された再利用可能なコード

   あるプロジェクトでコーディングされた機能は、簡単に別のプロジェクトでも使えるべきです。新しいプロジェクトに着手する度に機能を再開発するのはナンセンスです。これを可能にするには、コードが明確な標準に従っている必要があります。コードが共通の構造、共有するフレームワークに準拠していなければなりません。


統一性のあるデータハンドリング

   データの扱われ方はデータベース側からは隠されなければなりません。開発者は一種のアクセス層を通してデータを扱い、アクセス層がデータベース自体を隠します。アプリケーション層でSQLが見えてはいけません。


プレゼンテーション層とビジネスロジックの分離

   プレゼンテーション層をビジネスロジックから切り離すと、Webサイトメンテナンスが簡単になります。ボタンの場所を変えたり、イメージのサイズを変えたり、ナビゲーションバーの場所を移したりするのがテンプレートの変更だけで済むようになります。コードを掘り下げて見ていき、苦労してHTMLの変更箇所を探さなくてもよくなります。同じことがコードにも言えます。デバッグでは余分なHTMLが目に入らないので、エラー探しがずっと簡単になります。


国際化・地域化

   複雑になってしまうかもしれませんが、フレームワークでは二つ以上の言語をサポートするべきです。実装はとても簡単なものからとても複雑なものまで様々です。私は、この問題にどう対処するかがフレームワークを作る上で一番難しいところだと思います。

1   2  次のページ

PHPプログラマーズマガジン 書籍紹介
PHPプログラマーズマガジン

PHPプログラマーズマガジンは、PDF形式で読者の方にお届けするPHP言語(PHP: Hypertext Processor)専門誌です。 カナダMTA出版のphp|architect誌を日本語に翻訳し、独自の記事を加えて月刊でお届けしています。

発行:アシアル株式会社  価格:1,029円

 ご購入はこちら
http://www.phppro.jp/magazine/
Darryl Patterson
著者プロフィール
Darryl Patterson
1992年からWebプログラミングの仕事に従事している。彼はHTMLが使われはじめてから、その後Perl/CGI、Cold Fusion、ASPやPHPが使われるようになっていくWebの歴史とともに歩んできた。PHPでの開発は1998年から手がけており、今はトロントのEuro RSCG 4Dで開発チームのリーダー。また1995年からWebプログラミングをCentennial大学で教えており、そこでトロントのPHPユーザ会であるTorPUGを立ち上げた。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:フレームワークの役割と構築方法 〜 前編
フレームワークの役割
  どこから手をつけるか
フレームワークの役割とその構築
第1回 フレームワークの実用化に向けて
第2回 フレームワークの役割と構築方法 〜 前編
第3回 フレームワークの役割と構築方法 〜 中編
第4回 フレームワークの役割と構築方法 〜 後編
第5回 モジュールの作成