TOP書籍連動> Apacheの設定




フレームワークの役割とその構築
フレームワークの役割とその構築

第3回:フレームワークの役割と構築方法 〜 中編

著者:Darryl Patterson   2006/8/7
1   2  3  次のページ
Apacheの設定

   前回に引き続き、今回もフレームワークの役割と構築方法について解説します。

   サーチエンジンにとってわかりやすいURLにするためには、.phpという拡張子をフロントコントローラから取り除く必要があります。コーディングを少しでも簡単にするため、基本的なApacheの設定をいくつか行います。リスト1は、使用するバーチャルホストの基本的な設定です。PHPのinclude_path を設定していることに注意してください。

   このパスでは通常4項目を指定します。カレントディレクトリ、PEARへのパス、Webアプリケーションのincludeディレクトリ、そしてフレームワークへのパスです。これでフレームワークとWebアプリケーションのファイルインクルードが簡単にできるようになります。
リスト1
<VirtualHost *>
    ServerName www.example.com
    DocumentRoot "/path/to/www.example.com/html"
    php_value include_path ".:/path/to/pear:/path/to/www.example.com/
    include:/path/to/framework"
    <FilesMatch "^(fc1|fc2|fc3|app)$">
        ForceType application/x-httpd-php
    </FilesMatch>
    DirectoryIndex app
    SetEnv configFilePath "/path/to/www.example.com/"
    SetEnv configClassName Config
</VirtualHost>

   このリストで他に追加されているのがFilesMatchディレクトリです。先述のように、フロントコントローラのファイル名には.phpという拡張子がつきません(regexに注目)。筆者たちはフロントコントローラをappと呼び、そのファイルをDirectoryIndexに設定しています。これで拡張子を取り除くことができます。

   最後に、2つのSetEnvを設定します。これらはフレームワークに設定ファイルの場所(configFilePath)と設定クラスの名前(configClassName)を伝えます。これらはスーパーグローバル変数の$_SERVERで利用できるようになります。

1   2  3  次のページ

PHPプログラマーズマガジン 書籍紹介
PHPプログラマーズマガジン

PHPプログラマーズマガジンは、PDF形式で読者の方にお届けするPHP言語(PHP: Hypertext Processor)専門誌です。 カナダMTA出版のphp|architect誌を日本語に翻訳し、独自の記事を加えて月刊でお届けしています。

発行:アシアル株式会社  価格:1,029円

 ご購入はこちら
http://www.phppro.jp/magazine/
Darryl Patterson
著者プロフィール
Darryl Patterson
1992年からWebプログラミングの仕事に従事している。彼はHTMLが使われはじめてから、その後Perl/CGI、Cold Fusion、ASPやPHPが使われるようになっていくWebの歴史とともに歩んできた。PHPでの開発は1998年から手がけており、今はトロントのEuro RSCG 4Dで開発チームのリーダー。また1995年からWebプログラミングをCentennial大学で教えており、そこでトロントのPHPユーザ会であるTorPUGを立ち上げた。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:フレームワークの役割と構築方法 〜 中編
Apacheの設定
  Configクラス
  Environmentクラス
フレームワークの役割とその構築
第1回 フレームワークの実用化に向けて
第2回 フレームワークの役割と構築方法 〜 前編
第3回 フレームワークの役割と構築方法 〜 中編
第4回 フレームワークの役割と構築方法 〜 後編
第5回 モジュールの作成