TOPサーバ構築・運用> RHEL4におけるハードウェア管理




Enterprise OS
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - 管理編

第3回:RHEL4におけるシステム管理とSIMについて
著者:日本ヒューレットパッカード  古賀 政純   2006/4/20
前のページ  1  2   3  次のページ
RHEL4におけるハードウェア管理

   RHEL4には、ハードウェアやシステム管理を行うための様々なツールやコマンドが用意されています。

   以下にRHEL4に含まれるハードウェアおよびシステム管理ツールのうち、主にエンタープライズ用途で利用されるものを紹介します。


System Management Homepage(SMH)によるハードウェア障害監視

   System Management Homepageは監視対象のサーバ上で動作するエージェントで、ハードウェア情報を収集し、Webブラウザ上で管理者にわかりやすい形式で表示します。CUIに不慣れである管理者にとっては、ユーザフレンドリーな監視情報提供ツールとなります。

   SMHで取得できる監視対象サーバ情報の主なものとしては以下があげられます。

  • CPUの種類、利用率
  • メモリ容量
  • ディスク使用量
  • 各種ファームウェアのバージョン
  • 温度、電源、ファン情報
  • ブレードラックの情報
  • ブレードエンクロージャの情報
  • ブレードエンクロージャに搭載されたネットワークスイッチ

表1:SMHで取得できる監視対象サーバ情報

   管理者は監視対象のサーバのIPアドレスと2381ポートを指定してアクセスすることにより、LinuxユーザアカウントでSMHページにログイン可能です。コマンドは下記のようなものになります。

https://監視対象ノードのIPアドレス:2381

   監視対象サーバのSMHを閲覧したときの画面は図1のようなものです。

System Management Homepage(SMH)により監視対象のハードウェア情報を閲覧可能
図1:System Management Homepage(SMH)により監視対象の
ハードウェア情報を閲覧可能
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   SMHは管理対象ノードにインストールされているhpsmhエージェントで実現しています。監視サーバとなる「Systems Insight Manager」を構築しなくても、監視対象サーバでhpsmhが適切に動作していれば、SIMサーバなしでもWebブラウザから監視対象サーバのSMHにアクセス可能です。SMHへのアクセス方法は図2のような方法があります。

SMHへのアクセス方法
図2:SMHへのアクセス方法
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


前のページ  1  2   3  次のページ


日本ヒューレット・パッカード株式会社 古賀 政純
著者プロフィール
日本ヒューレット・パッカード株式会社
古賀 政純

2000年よりUNIXベースのHAクラスタシステム及び、科学技術計算システムのプリセールスに従事。並列計算プログラミング講習会などを実施。その後、大手製造業及び官公庁系の大規模Linuxクラスタの導入、システムインテグレーションを経験。現在は、大規模エンタープライズ環境向けのLinuxブレードサーバ及びHP Serviceguard for Linux(HAクラスタソフトウェア)のプリセールスサポート、システム検証を担当している。毎日、Linuxサーバと寝食を共に(?)しています。

INDEX
第3回:RHEL4におけるシステム管理とSIMについて
  Linuxサーバのシステム情報の収集
RHEL4におけるハードウェア管理
  監視エージェントが収集したシステム情報を一元管理するSystems Insight Manager