TOPサーバ運用・構築> アクションの設定




ZABBIX
統合監視ツールZABBIX事始め

第4回:ZABBIXのアラートメール送信
著者:ZABBIX-JP  寺島 広大   2007/1/31
前のページ  1  2  3
アクションの設定

   今回は例として、/etc/passwdのチェックサムに変化があった場合にアラートメールを送信する設定を説明します。

   /etc/passwdのチェックサムのアイテムとトリガーの設定はUnix_tテンプレートに含まれています。アクションを設定した後でユーザの追加を行い、実際にメールが送信されるところまでを確認してみましょう。

   「Configuration → Actions」をクリックし、右上のドロップダウンリストから「Send Message」を選択して「Create Action」ボタンをクリックします。
アイテムの設定
図4:アイテムの設定
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   図4の内容を以下のように設定し、「Save」をクリックします。

Action Type: Send Message 初期状態のまま
Source: Trigger 初期状態のまま
Condition:   「Host = localhost」と「add」をクリック
Condition:   「Trigger = /etc/passwd has been changed on server localhost」と設定して「add」をクリック
Condition:   「Trigger value = ON」と設定して「add」をクリック
Send message to: Single user  
User: Admin  
Subject: {TRIGGER.NAME}: {STATUS} 初期状態のまま
Message: {TRIGGER.NAME}: {STATUS} 初期状態のまま
Repeat: No repeats 初期状態のまま
Status: Enabled 初期状態のまま

表3:アイテムの設定内容

   これで、/etc/passwdファイルが変更された場合に「第3回:ZABBIXの基本的な監視設定」で設定したadminユーザのメールアドレスにアラートメールが送信されます。


アラートメールを送信する

   では、実際にアラートメールを送信してみましょう。OSのコンソールから以下のコマンドを実行します。

# useradd test

   /etc/passwdのチェックサムのデータ取得間隔はデフォルトで10分に設定されているため、実際にユーザを追加してからアラートメールが送信されるまでには、しばらく時間がかかります。

   その間、トリガーがどのような動きをするかを確認するために、「Monitoring → Triggers」の画面を開いておきましょう。実際にデータを取得してトリガーがTRUEの状態になると、図5のように/etc/passwdが変更されたことが表示されます。

トリガーの一覧画面で状況を確認
図5:トリガーの一覧画面で状況を確認
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   続いて、メールが送信されたかどうかを確認します。メールクライアントを実行すると、以下のようなメールが届いているはずです。

差出人: zabbix@localhost
件名:   /etc/passwd has been changed on server localhost: ON
本文:   /etc/passwd has been changed on server localhost: ON

   送信されるメールのタイトルと本文は、アクションの設定の「Subject」と「Message」の内容が記述されます。初期状態では、ともに「{TRIGGER.NAME}: {STATUS}」となっており、それぞれトリガー名とトリガーの状態に置き換えられて送信されます。

   アクションの設定では、上記以外にも日付や時刻、アイテム、トリガーの情報など様々なマクロを利用することができます。


次回は

   今回までに、ZABBIXの基本的な監視設定について解説しました。アイテムやトリガー、アクションの設定には、その他にも多くの機能がありカスタマイズすることができますが、その設定は同様の流れで行うことができます。

   次回は、アクションのスクリプト実行機能を使い、日本語のアラートメールの送信方法とマップ/グラフ/スクリーンの各機能を利用する方法を説明します。

前のページ  1  2  3


ZABBIX-JP 寺島 広大
著者プロフィール
ZABBIX-JP  寺島 広大
システムインテグレーション、ネットワーク運用管理を経験後、現在は某Linuxディストリビュータに勤務。顧客の監視システム構築の際にZABBIXを知り、仕事の傍らZABBIX-JP Webサイトの作成、管理を行っている。


INDEX
第4回:ZABBIXのアラートメール送信
  ZABBIXからアラートメールを送信
  条件式のフォーマットは
アクションの設定