TOPサーバ構築・運用> 8.仮想マシンの起動




RHEL5+Xen
Red Hat Enterprise Linux 5の仮想化

第3回:Red Hat Enterprise Linux 5で簡単ゲストOS

著者:日本ヒューレット・パッカード  平 初   2007/6/22
前のページ  1  2  3
8.仮想マシンの起動

   しばらくすると見覚えのあるインストーラの画面が表示されます(図10)。
仮想マシンの起動したところ
図10:仮想マシンの起動したところ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   あとは通常通りインストール作業を進めて行ければ終了です。もしインストールを行ったことがない方は、事前に以下のページをご覧ください。

関連記事
簡単!Red Hat Enterprise Linux 5インストールガイド
第1回:Red Hat Enterprise Linux 5をインストールしよう!


Windowsもインストール可能

   Red Hat Enterprise Linux 5では正式にサポートされていませんが、Xenの完全仮想化機能自体は、Windows XPやWindows Server 2003を動かすことができます。また、仮想マシンを使ってサーバマシン上で、インターネット番組を見ることも可能です(図11、図12)。

Windows Server 2003が起動しているところ
図11:Windows Server 2003が起動しているところ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

インターネット番組を見ることもできる
図12:インターネット番組を見ることもできる
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


Windowsをインストールするコツ

   今回、紹介した手順と同じく仮想マシンを作成しますが、ただ1点インストール時にコツがあります。

   CD-ROMから起動し、「Press F6 if you need to install a third party SCSI or RAID driver...」とメッセージが出ている時に、すばやくF5キーを押します(図13)。

メッセージが出ている時に、すばやくF5キーを押す
図13:メッセージが出ている時に、すばやくF5キーを押す
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   次にコンピュータータイプの選択画面が表示されるので、「Standard PC with C-Step i486」を選択します。あとは通常通りにインストールします(図14)。

「Standard PC with C-Step i486」を選択する
図14:「Standard PC with C-Step i486」を選択する
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


次回は

   今回はRed Hat Enterprise Linux 5でゲストOSをインストールする流れをお伝えしました。次回は最後となりますが、コマンドラインでXen環境を管理する方法について紹介します。

前のページ  1  2  3


日本ヒューレット・パッカード株式会社 平 初
著者プロフィール
日本ヒューレット・パッカード株式会社  平 初
テクニカルセールスサポート統括本部 ESSビジネス推進本部
Bladeビジネス推進部 BladeSystem SWAT
仮想化技術を啓蒙するため、2006年に日本ヒューレット・パッカードへ転職。いつもはHP BladeSystem c-Classおよび仮想化技術を含む提案支援を主に扱っている。セミナーや客先訪問で忙しい毎日を送っている。


INDEX
第3回:Red Hat Enterprise Linux 5で簡単ゲストOS
  ゲストOSも楽々インストール
  3.仮想化の方法の選択
8.仮想マシンの起動