TOPサーバ構築・運用> 「次ページ」「前ページ」リンクの生成について




JBoss EAP+Luceneによる全文検索システム
JBoss EAP+Luceneによる全文検索システム

第2回:検索プログラムを試してみよう!

著者:ロンウイット  関口 宏司   2007/11/1
前のページ  1  2  3
「次ページ」「前ページ」リンクの生成について

   今回のサンプルでは省略したが、Webアプリケーションでコンテンツの検索結果を表示する場合は、「次ページ」「前ページ」などのリンクの生成とクリック時の処理が必須である。このような処理は、再度同じ検索を実行して、検索結果リストの必要な部分を抽出して表示するのが一般的な処理方法で、Luceneにおいても同じ方法で実現している。

   「次ページ」「前ページ」などのリンクには、検索結果の「何番目から」「何件の」文書が必要かという情報を「q=検索式」の情報とともにGETリクエストのパラメータとして埋め込む。さらにサーバがこれらの情報を受け取れるようにしておく必要がある。そしてサーバでは再度qパラメータの検索式で検索を実行し、Hitsオブジェクトから必要な部分を取得してHTMLのテーブルを表示すればよい。

   例としてGoogleのページコントロールのリンクを図2に示す。
Googleのページコントロールのリンク
図2:Googleのページコントロールのリンク

   Googleの場合はstartパラメータで表示を開始するランキング番号を、numパラメータで一度に表示する文書の件数を示している。これらの情報が検索式(qパラメータ)とともにリンクに埋め込まれていることがわかるだろう。


まとめ

   本連載では、企業が保有する大量のコンテンツを検索するシステムをOSSのJBoss EAPとLuceneを使って提供できることを解説した。

   企業が社員や顧客に安心して検索サービスを提供するためには製品の保守サービスの有無が重要だが、JBoss EAPとLuceneについてはそれぞれレッドハット社とロンウイット社が有償サポートサービスを提供している。

   商用の検索エンジン製品は高価なことが多いので、TCOの削減のためにもJBoss EAPとLuceneの組み合わせを一度検討してみていただきたい。また、OSSであるため自分なりのカスタマイズも可能である。ぜひ一度、JBoss EAPやLuceneに触れてみていただきたい。

前のページ  1  2  3


株式会社ロンウイット 関口 宏司
著者プロフィール
株式会社ロンウイット  関口 宏司
代表取締役社長
数社のITベンダー勤務を経て、2006年5月にロンウイット社を設立。オープンソースの全文検索エンジンLuceneとSolrを企業システムに導入する支援事業を展開している。「Apache Lucene入門」(技術評論社)はじめ著書多数。

ロンウイット:http://www.rondhuit.com/
ブログ:http://lucene.jugem.jp/


INDEX
第2回:検索プログラムを試してみよう!
Yahoo!オークションの商品検索プログラム
  検索プログラム
  「次ページ」「前ページ」リンクの生成について