TOPシステム開発> はじめに




Ruby on Rails入門
Ruby on Rails入門

第2回:すぐできるアプリケーション作成
著者:DTS  桐山 雄大   2006/5/31
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   第2回では、Ruby on Rails(以下、Rails)アプリケーションを開発する環境を準備して簡単なアプリケーションを作ってみます。

   Railsで最も特徴的なことは「煩わしい設定がほとんど不要」な点です。難しいことは考えずに、まずはその世界を体験してみてください。なお本連載ではWindows XP上にインストールすることを前提に説明していきます。

Rails開発環境の構築

   まずRailsアプリケーションを開発するために、「InstantRails」と「RadRails」という2つのオープンソースソフトウェアをインストールします。

   インストールといっても身構えることはありません。ZIPファイルをダウンロードして展開するだけの簡単なものです。

InstantRails Railsアプリケーションの実行に必要なミドルウェアがオールインワンでパッケージングされています(例:Apache・MySQL・Ruby・RubyGems・Rails)。これを用いることで実行環境を整える手間をかなり省略することができます
RadRails Eclipse RCPベースのRailsアプリケーションのIDE(統合開発環境)です。Railsを利用する開発者に対してソースコード管理・WEBrickサーバ管理・ジェネレータウィザード・シンタックスハイライトなどの機能を提供します

表1:セットアップに必要なファイルの概要

   それではInstantRailsのインストールからはじめましょう。


InstantRailsのインストール

   まずInstantRailsの最新版を以下のURLのDownloadセクションからダウンロードして適当な場所に展開します。2006年5月10日現在の最新版は「InstantRails-1.3a-win.zip」です。

InstantRailsWiki: Instant Rails
http://instantrails.rubyforge.org/wiki/wiki.pl

   ここでは説明のために「C:\InstantRails」に配置したと仮定して解説していきます。

   次に「C:\InstantRails\InstantRails.exe」を実行してInstantRailsを起動してください(注1)。次回以降の連載でも利用しますのでWindowsのスタートアップに登録しておくとよいでしょう。

※注1:
すでにMySQLやApacheなどをインストールしている場合は、それらを停止してから作業をしてください。

   初回起動時には画面ボックスが表示されて「Regenerate configuration files?」と聞かれます。これにOKと答えると配置場所にあわせて設定ファイルが自動生成されます。しばらく待機すると図1のように信号が青に変わります。

Instant Rails
図1:Instant Rails

1   2  3  4  次のページ


株式会社DTS  桐山 雄大氏
著者プロフィール
株式会社DTS  桐山 雄大
技術部所属。システム基盤の環境構築・運用設計業務を経て、現在は新規ビジネス創生に携わる。Ruby on Rails上に構築したオープンソースのCMS「Rubricks」(http://rubricks.org/)のコミッタ。

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:すぐできるアプリケーション作成
はじめに
  RubyとMySQLの実行プログラムのパス
  Scaffoldを利用したRailsアプリの作成
  Scaffoldの生成
Ruby on Rails入門
第1回 Railsが注目されている理由
第2回 すぐできるアプリケーション作成
第3回 アーキテクチャと検索機能の追加
第4回 Railsでテストをしてみよう
第5回 Ajaxアプリケーションの作成
第6回 プラグインでさらに生産性アップ
第7回 Linux環境で動作させよう
徹底比較!!Ruby on Rails vs Javaフレームワーク
第1回 O/Rマッピング
第2回 JSFとRailsで比較(前編)
第3回 JSFとRailsで比較(後編)
第4回 DIコンテナとの比較
第5回 テストフレームワーク
第6回 RailsとGrailsの比較(前編)
第7回 RailsとGrailsの比較(後編)