TOP調査レポート> 定量調査分析




SMB市場のサーバOS動向
2006年中堅・中小企業におけるサーバOSの実態と展望

第1回:LinuxはWindowsの対抗馬か

著者:ノークリサーチ  伊嶋 謙二   2006/6/2
1   2  次のページ
定量調査分析

   本調査は郵送アンケート(Web併用)による定量調査と面接調査による定性調査を実施して、サーバOS、特にWindowsとLinuxの利用実態と今後を展望することを目的に実施した。調査の概要は以下に示す。
調査の概要

   全国の年商5億円以上500億円未満の民間企業約4000社に郵送アンケート及びWebアンケートを実施し、1013社(有効回答数931社)を回収。調査時期は2006年1月から3月。

調査プロフィール
図1:調査プロフィール
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


サーバOSの利用実態 - Windowsは中堅・中小企業のサーバOSのデファクト

   中堅・中小企業で利用しているサーバOSについては、企業別ではなく企業で導入されているサーバの回答をもとに、サーバOSの利用実態を聞いたものが図1である。「Windows一色」という実に明確な傾向が出ていることが分かる。

サーバOSの種類
図2:サーバOSの種類
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   今回の調査の目的は、「中堅・中小企業市場で利用されているサーバOSはWindowsが主流」と言われている中で、マスコミ、業界誌などを含めOSS(オープンソースソフトウェア)の本命と注目されているLinuxが、果たしてどの程度普及が進んでいるかを見極めることと、同時に「LinuxはWindowsの対抗馬?」ということを検証する目的もあった。


LinuxはWindowsの対抗馬?

   結論としては、米国や中国などにおいてはLinuxの導入が日本より進んでいるかもしれないが、少なくとも「日本の中堅・中小企業市場におけるLinuxは、ほとんど顕在化していないサーバOSのひとつ」となっていることが、今回の調査結果から明らかになった。

   Linuxについては、毎年弊社で実施しているサーバの導入実態調査で、過去5年間に渡って推移を見ていたがほとんど変化がない。もはや国内中堅・中小企業のサーバOSについては「Windowsのデファクト性」は動かせない事実だ。理解する技術者、アプリケーション及び開発するソフトベンダ、SIer、サービス/サポート企業など、OSを取り巻く環境が「まずWindowsありき」で動いているからだ。

   中堅・中小企業での利用されている「サーバOSの8割以上はWindows」中堅・中小企業で利用されているサーバOSの8割以上はWindowsである。LinuxはUNIXとあわせても10%にも満たないという結果だ。

   細かくみてみよう。06年調査結果で「Windows2000」が39.2%、ついで「Windows2003」が25.9%そして「WindowsNT」が18.8%と続く。WindowsはNT、2000、2003あわせて8割を超えて圧倒的多数を占めている。昨年25.5%だったWindowsNTも18.8%となり、Windows2003が25.9%と昨年に比べ大きく割合を高めている。着実にNTからWindows2003へのリプレースが進んでいることが分かる。過去3ヵ年の推移で見ても、Windowsが中堅・中小企業のサーバOSとしてデファクトとして定着している。

   一方「Linux」は、5.5%で、昨年の6.6%よりも下回っている。しかもLinuxはここ3ヵ年の推移でもほとんど変化がない。むしろLinuxは停滞気味もしくは漸減傾向とさえ見える。

1   2  次のページ

書籍紹介
「2006年 中堅・中小企業におけるサーバOS実態調査(White paper)」

本記事はノークリサーチより発刊されている「2006年 中堅・中小企業におけるサーバOS実態調査(White paper)」からの転載です。上記調査資料には、さらに詳しいデータや分析結果が記載されています。調査資料のご購入は下記のリンクより行えます。

ご購入はコチラ http://www.norkresearch.co.jp/2006ITdm.pdf
有限会社ノーク・リサーチ  伊嶋 謙二
著者プロフィール
有限会社ノーク・リサーチ   伊嶋 謙二
1956年生まれ。1982年、株式会社矢野経済研究所入社。パソコン、PC(IA)サーバ、オフコンなどをプラットフォームとするビジネスコンピュータフィールドのマーケティングリサーチを担当。とくに中堅・中小企業市場とミッドレンジコンピュータ市場に関するリサーチおよび分析、ITユーザの実態を的確につかむエキスパートアナリスト/コンサルタントとして活躍。1998年に独立し、ノーク・リサーチ社を設立。IT市場に特化したリサーチ、コンサルティングを展開すると同時に、業界各誌への執筆活動も積極的に行っている。
ホームページ:http://www.norkresearch.co.jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:LinuxはWindowsの対抗馬か
定量調査分析
  Linuxの利用実態 - 約6割がLinuxを使うつもりがない
2006年中堅・中小企業におけるサーバOSの実態と展望
第1回 LinuxはWindowsの対抗馬か
第2回 Linuxが抱える問題
第3回 定性調査から見えたサーバOSの今後の動向