TOPシステム開発> はじめに




まるごとサーバサイドJava
JDeveloperで学ぶJSF入門

第7回:コマンドボタンの配置と結果出力ページの作成

著者:WINGSプロジェクト  佐藤治夫(株式会社ビープラウド)、
小泉守義

監修:山田祥寛   2006/8/10
1   2  次のページ
はじめに

   前回に引き続き、JSFアプリケーションの作成について解説していきます。まずコマンドボタンの配置し、次に出力ページを作成して、最後にページ還移のテストを行います。

コマンドボタンの配置

   「占う」ボタンのためのコマンドボタンを、コンポーネント・パレットより「Command Button」をドラッグして配置します。コマンドボタンのラベルはvalue属性で変更することができます。

   また、ひとまずコマンドボタンをクリックすると結果ページに遷移するよう、action属性を前ステップで設定した遷移ケースIDである「show result」に設定しておきましょう。これは、あとで所定のアクションメソッドが呼び出されるように変更します。

   ここまでの手順でできあがった入力ページ(input.jsp)の外観は、図1のようになります。

入力ページの外観
図1:入力ページの外観

   なお、生成されたJSPドキュメントはリスト1のようになっています。部品とJSFコンポーネントタグが1対1で対応していることに注目してください。

リスト1:input.jsp

(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   <f:selectItem>についてはまだ解説していませんが、これは選択項目を表すJSFコンポーネントタグで、JDeveloperによって選択肢を定義する際に自動的に挿入されるものです。itemLabel属性に選択項目の表示名を、itemValue属性に、その選択項目が選択された際に設定するコンポーネントの値を指定します。なお、<f:selectItem>は、ユーザーに選択を促すコンポーネントの中にしか入れ子にできません。

1   2  次のページ

書籍紹介
まるごとサーバサイドJava! Vol.1
まるごとサーバサイドJava! Vol.1 〜初心者からプロまですべての開発者に贈る〜サーバサイドJavaのすべてをまるごと紹介
サーバサイドで実行されるシステム環境Java EEを取り巻く環境は一大変革を遂げようとしています。J2EE時代のEJB(Enterprise Java Beans)からPOJO(Plain Old Java Object)へ、オブジェクト指向からアスペクト指向へ。Sun Microsystems外から発生した新しい流れは本家Java EE 5へ取り入れられる予定です。本書はこうしたJavaの新潮流を余すことなくお伝えします。

発売日:2006/09/01
定価:\2,415(本体 \2,300+税)
著者:WINGSプロジェクト 佐藤治夫(株式会社ビープラウド)、小泉守義 監修:山田祥寛
著者プロフィール
著者:WINGSプロジェクト 佐藤治夫(株式会社ビープラウド)、
小泉守義
監修:山田祥寛

WINGSプロジェクトは、有限会社WINGSプロジェクト(代表取締役山田祥寛)が運営するライティング・チーム。海外記事の翻訳から、主にサーバサイド分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆、講演、アプリケーション開発などを幅広く手がける。2006年7月時点での登録メンバーは20名で、現在も一緒に執筆をできる有志を募集中。執筆に興味のある方は、どしどし応募いただきたい。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第7回:コマンドボタンの配置と結果出力ページの作成
はじめに
  結果出力ページの作成
JDeveloperで学ぶJSF入門
第1回 JSFの特長
第2回 JSFを構成する要素
第3回 JSFのライフサイクルとStrutsとの比較
第4回 環境設定
第5回 JSFアプリケーションを作成しよう
第6回 情報入力ページの作成
第7回 コマンドボタンの配置と結果出力ページの作成
第8回 バリデータの設定とメッセージの日本語化
第9回 アプリケーションロジックを追加する
第10回 モデルとビューを統合する
第11回 バインディングとテスト
第12回 カスタムバリデータの作成方法〜JSFをより高度に利用するために
第13回 独自のバリデータタグの作成
第14回 カスタムコンバータの作成
第15回 カスタムコンポーネントの作成(前編)
第16回 カスタムコンポーネントの作成(後編)