TOPサーバ構築・運用> はじめに




仮想化技術 完全攻略ガイド
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す

第1回:Virtual Server 2005 R2概要
著者:慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生  小野 雄太郎
2006/11/9
1   2  次のページ
はじめに

   Virtual Server 2005 R2はMicrosoftが提供する仮想化プラットフォームです。サーバーのコンソリデーション(統合化)やレガシーOSの移行、評価開発環境などをVirtual Serverを使って実現できます。本記事では、Virtual Server 2005 R2の概要を詳しく解説し、実際にVirtual Serverを使って仮想イントラネット環境を構築して、システムを評価できるようなシナリオをご紹介します。

パフォーマンスを改良し無償化

   Virtual Server 2005 R2はMicrosoftが2006年2月に日本語版の出荷を開始した、仮想化プラットフォーム製品です(図1)。

Virtual Server 2005 R2の管理画面
図1:Virtual Server 2005 R2の管理画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   前バージョンであるVirtual Server 2005からのバージョンアップとなり、2005 R2ではHyper-Threadingの対応をはじめとするパフォーマンスについての改良、ネットワーク関連機能の拡充やVirtual Server自身のクラスタ対応などが盛り込まれています。

   なかでもVirtual Serverを動作させる環境として64bit環境をサポートしたことにより、より高性能なマシン上で仮想環境をホストできるようになったことが注目されます。

   また、2006年6月よりVirtual Server 2005 R2は無料の製品として提供されることになり、いまではMicrosoftのWebサイトより誰でもダウンロードできるようになっています。



動作環境

   Virtual Server 2005 R2はWindows Server 2003に加え、Windows XPも動作環境としてサポートしています。本番環境としてVirtual Server上の仮想環境から各種のサービスを提供する場合はWindows Serverが必要ですが、ソフトウェアのテストや評価をする場合はWindows XPでも十分に活用できます。

   本記事でもVirtual Serverのインストール環境としてWindows XP Professionalを利用して解説します。

1   2  次のページ


慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生 小野 雄太郎
著者プロフィール
慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生   小野 雄太郎
Microsoft MVP for Windows Server - Networking, Jan 2004 - Jan 2007.
1982年生まれ。エンタープライズネットワークやIPv6といったネットワーク技術のほか、Windows Server Systemの設計や運用などを独学で習得。幅広い分野をひとりでカバーする。MCSEをはじめCCDA/CCNAといったベンダー資格も多数保有する。2004年より慶應義塾大学に在籍中。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:Virtual Server 2005 R2概要
はじめに
  アーキテクチャ
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す
第1回 Virtual Server 2005 R2概要
第2回 Virtual Serverのインストール
第3回 Virtual Serverを理解する(前編)
第4回 Virtual Serverを理解する(後編)
第5回 評価環境の構築
第6回 バーチャルマシンの複製
第7回 Active Directory環境の準備
第8回 Windows Vistaの評価