TOPサーバ構築・運用> Active Directory




仮想化技術 完全攻略ガイド
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す

第7回:Active Directory環境の準備
著者:慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生  小野 雄太郎
2006/11/22
1   2  次のページ
Active Directory

   ゲストOSをドメインコントローラとしてActiveDirectory環境を準備したいと思います。

   ドメインコントローラを構築するためには固定設定のIPアドレスが必要なため、最初にIPアドレスを仮想NICに設定します。「Initial Configuration Tasks」(図32)から「ConfigurationNetworking」を選択し、ローカルエリア接続のプロパティ、IPv4プロトコルのプロパティを開き、IPアドレス(10.237.0.10)、サブネットマスク(255.255.0.0)、DNSサーバーを(10.237.0.10)に設定します(図33)。
IPアドレスの設定を開始
図32:IPアドレスの設定を開始
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

IPアドレスを設定
図33:IPアドレスを設定
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   続いてコンピュータ名を「Provide computer name and domain」からわかりやすい名前へ変更し、再起動します。

   再起動が終わったらActive Directoryを導入します。「Add roles」を選び「Add Roles Wizard」を起動したら「Active Directory Domain Services」をインストールします(図34)。

Active Directoryをインストール
図34:Active Directoryをインストール
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   すると「Active Directory Domain Services Installation Wizard」が起動し、新しいフォレストを作成(New forest)、ドメイン名の指定、フォレストの互換性レベル設定、追加コンポーネント(DNS Server)の指定があります。すべての設定が終わるとActive Directoryのインストールが実行されます。


セカンダリノード

   続いて2台目のドメインコントローラを準備し、冗長性のある仮想イントラネット構成を作っていきます。そこでWeb管理コンソールから2つ目の新しいバーチャルマシン構成を作成します。続いて差分バーチャルハードディスクを、最初に作成したバーチャルハードディスクを元に作成します。さきほど作成したバーチャルマシン構成を変更して、いま作成した差分ディスクを利用するように設定します。

   設定が終了したらバーチャルマシンを起動させます。ゲストOSが起動したら、ここでもバーチャルマシン追加機能をインストールします。インストール後、再起動したらプライマリノードと同じようにIPアドレス(10.237.0.11)、サブネットマスク(255.255.0.0)、DNSサーバーアドレス(10.237.0.10、10.237.0.11)を設定。コンピュータ名の変更をするとともに、先ほど作成したドメインに参加します(図35)。

セカンダリノードをドメインに参加させる
図35:セカンダリノードをドメインに参加させる

   再起動したらActive Directoryのインストールを開始します。

   Active Directoryのインストールでは、既存のドメインに追加(「Existing forest」-「Existing domain」)を指定し、ドメインコントローラの追加に必要な管理者権限などを一通り指定して、2台目のドメインコントローラとしてインストールします(図36)。

既存のドメインに追加
図36:既存のドメインに追加
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   以上でActive Directory環境の2台のドメインコントローラを作成することができました。

1   2  次のページ


慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生 小野 雄太郎
著者プロフィール
慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生   小野 雄太郎
Microsoft MVP for Windows Server - Networking, Jan 2004 - Jan 2007.
1982年生まれ。エンタープライズネットワークやIPv6といったネットワーク技術のほか、Windows Server Systemの設計や運用などを独学で習得。幅広い分野をひとりでカバーする。MCSEをはじめCCDA/CCNAといったベンダー資格も多数保有する。2004年より慶應義塾大学に在籍中。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第7回:Active Directory環境の準備
Active Directory
  ドメインユーザーの登録
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す
第1回 Virtual Server 2005 R2概要
第2回 Virtual Serverのインストール
第3回 Virtual Serverを理解する(前編)
第4回 Virtual Serverを理解する(後編)
第5回 評価環境の構築
第6回 バーチャルマシンの複製
第7回 Active Directory環境の準備
第8回 Windows Vistaの評価