TOP業務システム> SOAを適用した後に重要なこと




ERP+SOA
ERPへのSOA適用による企業システム構築の新たなアプローチ

第3回:ITガバナンスの考え方と投資利益率の算定手法

著者:オープンストリーム  赤穂 満   2006/12/28
1   2  3  次のページ
SOAを適用した後に重要なこと

   どのようなプロジェクトでも経営者を説得し承認を得るためには、システム化の計画を立て、ロードマップと投資利益率(ROI:Return On Investment)を明示する必要があることはいうまでもない。当然ながら、SOA適用プロジェクトも同様である。

   経営者のミッションは、短期間で最大の効果をあげる必要最低限のIT投資の意思決定を行うことにある。この経営戦略の実現のためには、「ビジネスモデルを効果的に機能させるためのITアプリケーション、ITインフラが必要十分であるか」という視点が必要である。

   最終回の今回は、企業情報システムへSOAを適用した後のモニタリングの仕組みとして「ITガバナンス」について論じ、SOA適用時の「ROI分析の考え方」を解説していく。
※注1: 本連載はオープンストリーム・ホワイトペーパーより抜粋し、加筆・修正を行ったものです。


環境変化に対応するガバナンス体制

   これまで企業システムのバランスを保持するために、情報システム部門を「CIOのブレーンとしたIT戦略の企画・立案、管理を行う部隊」と「利用部門へのサービスを提供する部隊」の2つに分け、経営層、サービス提供者、利用部門の3者で相互に統制を行ってきた(図1)。

情報システム部門の位置づけ
図1:情報システム部門の位置づけ

   この場合、企画側の情報システム部門が、サービス提供者側にある情報システム部門や外部ベンダーの取り組みについて、第三者的な位置づけで評価できるというメリットがある。最近では、多くの企業がこのサービス提供者側の情報システム部門を子会社化し、ITガバナンスのバランスを維持しようと努めている。

   しかし上記のように情報システム部門を位置づけた場合、昨今のような企業を取り巻く著しい変化の中で、情報システム部門が単体で企業のITガバナンスを行うには限界があると考える。

   ITガバナンスを行うためには、「プロジェクトマネジメント」「プロジェクトマネジメントオフィス」「ITポートフォリオマネジメント」の3つのキーワードが重要である。


プロジェクトマネジメントオフィス

   PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)は、IT導入管理を責任と権限を持って管理/実行する企業内の専門機関と定義される。企業全体のITインフラストラクチャの方向性にそって各プロジェクト活動が行われているかを管理/監査することにより、IT投資の最適化とリスクの軽減を目的として運営する。

   PMOでは従来のプロジェクトマネジメントだけでなく、企業全体のインフラの方向性や投資方針を十分に考慮した管理体制、つまりITポートフォリオマネジメントが必要となる。

プロジェクトマネジメントオフィス
図2:プロジェクトマネジメントオフィス
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


プロジェクトマネジメント

   プロジェクト評価や計画サイクルは、複数のプロジェクトがIT標準に準拠して運営されているかを評価して、企業におけるITガバナンスを推進/維持するものである。同時に、企業は社内におけるIT導入のロードマップを把握し、ビジネスケースに即したIT管理を維持していく。

   プロジェクトマネジメントの運用にあたっては、PMBOKの対象エリアに合わせて運用することが望ましい。

プロジェクトマネジメント
図3:プロジェクトマネジメント
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


ITポートフォリオマネジメント

   従来のITポートフォリオマネジメントでは、IT導入管理を企業全体で整合性を保てるように、IT標準に基づいてITインフラストラクチャと各プロジェクトが連携できるように管理している。

   SOAを適用するプロジェクトにおいては、サービスの粒度や共有化を実施している部門/機能などを公平な立場で管理する必要があり、このマネジメントが重要な意味を持つことになる。

ITポートフォリオマネジメント
図4:ITポートフォリオマネジメント

1   2  3  次のページ


株式会社オープンストリーム  赤穂 満
著者プロフィール
株式会社オープンストリーム  赤穂 満
サービス推進兼SAXICE推進担当 統括ディレクタ
活動状況:これまでに、製品ライフサイクル、製品構成情報管理やビジネスモデルなどに関する解説記事、論文多数。
所属学会:日本設計工学会、経営情報学会、ビジネスモデル学会、正会員。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:ITガバナンスの考え方と投資利益率の算定手法
SOAを適用した後に重要なこと
  PMOによる企業情報システムのモニタリング
  SOAによるビジネス機会拡大への評価
ERPへのSOA適用による企業システム構築の新たなアプローチ
第1回 ベストプラクティスといわれたERPの落とし穴
第2回 企業情報システムへのSOA適用事例とERPシステムの構築
第3回 ITガバナンスの考え方と投資利益率の算定手法