TOPシステム開発> XAMPPをLinux環境にインストール




XAMPP
XAMPPでステップアップする企業Webアプリケーション環境

第2回:5分でXAMPPをLinuxにインストール

著者:エグザクソン  神野 純孝   2007/1/22
1   2  3  4  次のページ
XAMPPをLinux環境にインストール

   「XAMPP」は非常に手軽にWebアプリケーションの動作に必要なアプリケーションを一度にインストールできるパッケージです。今回はこのメリットを体感するために、実際にXAMPPをLinux環境にインストールする方法について紹介します。

   Linux版のXAMPPをインストールするには、最低限、以下のような環境が必要となります。
OS
Linuxが完全に動作する環境(Ubuntu、SUSE、RedHat、Mandrake、Debianでテスト済み)
メモリ容量
64MB以上
ハードディスク空き容量
200MB以上

表1:Linux版XAMPPの動作環境

   XAMPPのLinux向けパッケージは以下のURLからダウンロードできます。


表2:Linux版XAMPPのダウンロード先


XAMPPのインストール手順

   XAMPPのインストールを行う場合、スーパーユーザでログインして作業する必要があります。すでにスーパーユーザでログインしている場合は、必要ありません。


XAMPPパッケージの展開

   パッケージのダウンロードが終了したら、以下のコマンドを実行して/optディレクトリに展開します(注1)。

※注1: XAMPPを展開する場合、tarコマンドを使って展開してください。Windowsで展開した場合、XAMPPが正常に動作しない場合があります。

tar xvfz xampp-linux-1.5.5a.tar.gz -C /opt

   /以上で/opt/lamppフォルダにXAMPPのLinux版がインストールされます。

   XAMPPをアンインストールするには、インストール先のフォルダを削除します。

rm -rf /opt/lamp

1   2  3  4  次のページ


エグザクソン株式会社 COO 神野 純孝
著者プロフィール
エグザクソン株式会社  COO  神野 純孝
8080チップが登場と同時にマイコンの自作をはじめる。1983年、日本ではじめてのパソコン通信サービス、コムコムのハードを作成して以来ハードからソフトウェア含め開発に従事。2001年より、外資系企業にてSolaris、HP-UXなどで各種のエンタープライズアプリケーション導入を行う。2005年より、エグザクソン株式会社に入社。オープンプラットフォームを推進するために、ApacheFriends社と提携を行い、XAMPPの普及を促進させるため活動中。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:5分でXAMPPをLinuxにインストール
XAMPPをLinux環境にインストール
  XAMPPの動作確認
  XAMPPを実際に使ってみる
  セキュリティについて
XAMPPでステップアップする企業Webアプリケーション開発
第1回 5分でわかるXAMPPの魅力
第2回 5分でXAMPPをLinuxにインストール
第3回 5分でXAMPPをWindowsにインストール
第4回 5分でわかるXAMMPの導入事例
第5回 5分でわかるXAMMPの可能性